精密な歯科治療にかかせないCTとは?

対象となるものを立体的に撮影します

CTとは、日本語で訳すと「コンピューター断層撮影(Computed Tomography)」と表現され、対象となるものを立体的、3次元(3D)に写しだせる特徴をもっています。断層撮影と呼ばれているとおり、CTではまるでものを輪切りにしたかのような立体的な画像を撮影できます。 (さらに…)