これだけ知っておけば迷わない!歯医者の予約方法

予約の基礎知識

歯医者に行きたい時はまず電話で予約をしましょう。最近は24時間受付のネット予約なども普及していますが、その場合「希望日時の予約の打診」となることが多く、歯医者からの日時の確定連絡を待たなくてはならないので時間がかかってしまいます。
電話予約なら診察時間内であればいつでも予約受付可能です。しかし、希望日時通りに取れないこともあるので当日ではなく2~3日前には予約しましょう。電話では診察予約したいこと・初診か再診なのか・名前・希望日時・症状を伝えてください。
予約日時に予定が入って行けなくなってしまった場合はなるべく早くキャンセルの連絡をしましょう。事前に連絡をもらえれば歯医者も診療時間が無駄にならずに済みます。言いづらいからといって無断キャンセルするのは避けてください。
ただ、急に歯が痛みだしたなど緊急の治療が必要になることもあるでしょう。基本は予約患者が優先となりますが、「急患対応可能」などと書いてある歯医者なら飛び込みでも診療してくれるので受付へ確認してみてください。

事前に準備しておくものは?

保険証と診療代を用意しておきます。初診の場合は初診料もかかるので注意が必要です。保険証を持っていると負担額は3割で済みますが、保険証がまだ発行されていないなどの理由で手元にない場合は全額負担となってしまいます。後日保険証を提示することで差額を返金してくれる歯医者もありますが、対応してくれるかどうか事前に確認することをおすすめします。
また、詰め物や歯が取れてしまった場合、手元にあるようなら持参しましょう。ハンカチやハンドタオルなどがあると口元が汚れた時に便利です。

東大阪市の歯医者と言えば藤原歯科医院

歯医者で気をつけること

歯医者へ行く時は歯磨きを忘れずに行いましょう。口を開けたら食べカスがいっぱいという状態は歯を診てくれる医師であっても失礼にあたります。きちんと歯を磨いた状態で診療を受ければ、普段の歯磨きでどこが磨けていないのか確認することもできるのでしっかり歯磨きしてから行きましょう。女性の場合、口紅やリップグロスなどのお化粧も診療の邪魔になってしまうので、あらかじめ落としておいてください。診療中、どうしても痛かったり、咳やくしゃみが出そうになったりしたら、すぐに手を上げるなどして先生に知らせましょう。いきなり動いたりすると器具が当たってケガをしてしまう可能性があります。我慢するとストレスが溜まってしまうので、気になることがあれば早めに意思表示して気付いてもらいましょう。

カテゴリー: 心療内科の知識