むし歯の治療は程度が進むと痛くなる

むし歯治療は初期の方が痛みは少ない

夜も眠れなくなるほど悪化して、そののち、ようやくむし歯の治療を受ける、そんな人も多いのではないでしょうか。しかし、そのような姿勢はあまり関心できるものではありません。なぜなら、むし歯は進行が進めば進むほど治療にかかる時間が増えるほか、治療中に感じる痛みも比例して大きくなるからです。
むし歯治療は初期であればあるほど、治療中に感じる痛みも少なくなります。初期むし歯は程度の軽いものであれば歯を削らなくて済みますし、歯を削るとしてもごくわずかな表面の部分のみを削るため、麻酔注射も必要なく、ほとんど痛みを感じずに治療を終えることができます。

象牙質のむし歯は麻酔が必要

むし歯は初期のC0から末期のC4まで全部で5段階の進行度合いに分けられます。このうち、C0とC1はエナメル質の表面、つまり歯の表層部分でとどまっている初期むし歯に分類されます。むし歯は初期の段階であれば歯を削らなくても良いケースが多いのですが、進行してC2の段階になってしまうと象牙質までむし歯が浸出してしまい、歯を削る必要がでてきます。
象牙質のむし歯はC2以降に分類されます。象牙質の近くには歯髄という歯の神経が通う部分があるため痛みを感じやすいのが特徴です。このため、C2の象牙質のむし歯を治療する際には治療を行う前に麻酔注射をして痛みを和らげる必要があります。麻酔注射は通常、注射を行う前に歯ぐきの表面に麻酔を塗り、感覚をある程度麻痺させてから行いますが、それでも多少の刺激は感じることは避けられません。

watanabe-implant.net

根管治療になるとさらに痛みが増す

根管治療とは、C3以降のむし歯が歯の神経にまでおよんだ状態の際に行われる歯科治療です。具体的には歯の根っこである根管に浸出したむし歯をファイルやリーマーなどの器具を使ってそぎ落とす作業を行います。この「そぎ落とす」という作業は文字通り「神経をそぎ切る」作業であり、麻酔無しにはとてもじゃありませんが行うことは不可能と言えます。
当然、根管治療を行うときには歯ぐきに麻酔注射をして痛みをやわらげる処置を行うのですが、根管内部の神経はむし歯におかされていると神経が腫れていて麻酔の効きが悪くなっているケースが多く、麻酔注射をたっぷりと打ってもどうしても治療中にズキンとした痛みを感じやすいです。このため、根管治療では患者さんはある程度痛みに耐えながら治療を受けることになる場合が多いのです。

カテゴリー: 心療内科の知識