よく聞く「8020(ハチマルニイマル)運動」っていったい何?

歯の健康を奨励する活動です

「8020運動」とは、1989年(平成元年)にスタートした歯の健康を奨励する活動です。8020は文字通り「80歳までに20本の歯を残しましょう」という意味で、厚生省(現在は厚生労働省)と日本歯科医師会によって始められた歯の健康を奨励する運動を指します。8020運動の20本、という歯の数字は、「人は20本の歯が残っていれば毎日の食事を自分の歯でかむことができ、楽しい食生活を送ることができる」という意味から20本という本数が指標となっています。8020運動は1989年に活動をスタートして以来、現在ではお年寄りだけではなく子どもから若年層の成人、そして中高年にいたるまで多くの日本人にその言葉が浸透し、歯の健康意識を高めるためのひとつの指針となっています。

80歳までに20本以上の歯を残すのはむずかしい?

8020運動では「80歳になっても健康な状態で20本以上の歯を残しましょう」という目標をかかげています。巷の人がお年寄りの歯に抱くイメージと言えば、「入れ歯」「自分の歯がない」「歯が悪くて硬い食べものが食べられない」などを連想する方が多いのですが、はたして80歳までに20本以上の歯を残すことはむずかしいことなのでしょうか?そもそも、人間には親知らずをふくめて32本の永久歯が存在しています。32本が全体の歯の本数として20本残せば良いのですから、80歳までに12本の歯を失っても目標はギリギリ達成できます。こう考えるとそれほどむずかしいことではないように感じるかもしれません。8020運動が開始された1989年の時点では80歳以上の方で20本以上歯が残っている割合は全体のおよそ7%程度にすぎなかったのですが、2017年の歯の健康調査では80歳以上で歯が20本以上残っている方は全体の51%にまで向上しています。今では80歳以上の高齢者の方の半分以上がご自身の歯を20本以上残しているのです。これは日本の歯科医療のレベルが上がったことも関係していますが、8020運動という歯の健康を奨励する活動が高齢者の歯の健康を保つきっかけになっていることも見逃せない要素のひとつです。

下高井戸で話題の歯医者はこちら

大切な歯を健康に保つのに必要なこと

現在ではインプラントや精度の高い入れ歯など、人工歯の技術も発達しています。しかし、どんなに義歯治療が進歩しても天然の歯にまさるものはありません。かけがえのない大切な歯をいつまでも健康に保つためにも毎日の歯磨きはしっかりとかかさずに行い、合わせて歯科医院で定期的に検診を受けることを心がけましょう。

カテゴリー: 心療内科の知識