オールセラミックが適している症例とは?

銀歯の見た目や金属アレルギーで悩んでいる

銀歯は保険を適用でき、比較的安価に治療を受けられる歯科用素材のひとつです。しかし、銀歯は金属のため治療後の見た目は口の中で歯がギラギラ光って見えてしまう、というデメリットがあります。また、銀歯を使用し続けていると銀歯にふくまれる金属イオンが唾液の中に溶けだしてしまい、歯や歯ぐきを黒くしてしまうほか、溶けだした金属イオンによって金属アレルギーを発症するケースもあります。このように銀歯の見た目や金属アレルギーでお悩みの方は、すべての素材が陶器からできており非金属のオールセラミックを使用することで見た目と金属アレルギーの問題を解消できます。

歯並びを綺麗に直したいけど、歯列矯正は受けたくない

歯と歯のすき間が開いている(すきっ歯)、歯の形が不揃い、など、歯並びの乱れを直したいけど時間がかかる歯列矯正は受けたくない、という方にはオールセラミッククラウンを使ったセラミック矯正が適しています。通常の歯列矯正では専用の矯正装置を装着したあと、1~2年以上の長い時間をかけてじょじょに歯を動かしていきます。それに対し、歯を動かさないセラミック矯正であれば最短でおおよそ20日程度で歯並びを綺麗にととのえることも可能です。歯を動かさずに歯並びをととのえることができ、なおかつ歯の見た目も美しく白くできるセラミック矯正ですが、歯並びの乱れが大きい場合には治療を適用できないケースもあります。

広島県呉市の記念歯科は腕のいい歯医者です

ホワイトニングで歯を白くできなかった

歯を白くする方法には代表的なものとして歯科医院で施術を行うオフィスホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングでは過酸化水素をふくむホワイトニング剤を歯の表面に塗り、特殊な光を当てることで歯の中に浸透着色したステイン汚れを分解除去、歯を内側と外側の両面から白く綺麗にしていきます。手軽に歯を白くできるホワイトニングですが、患者さんによっては歯のステイン汚れがひどく歯を白くできない場合があるほか、妊娠中の方、無カタラーゼ症の方などはホワイトニング治療を適用できないケースもあります。そのようなケースではオールセラミッククラウンを使うことで歯を白く美しくすることが可能です。オフィスホワイトニング、または患者さんご自身が自宅で行うホームホワイトニングで歯を白くできなかった方はオールセラミック治療を受けることをぜひご検討されてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 心療内科の知識