デンタルフロスを使うとどう良いの?

歯ブラシだけよりも汚れがよく落ちるからです

歯ブラシを使って歯の汚れを落とすことは、歯をきれいな状態に保つ基本的な方法です。しかし、歯ブラシだけでは磨き残しが生じてしまうため、歯磨きは歯ブラシばかりでなく、デンタルフロスをいっしょに使った方が良いと推奨する歯医者さんは大勢いらっしゃいます。デンタルフロスは歯と歯の間のすき間や、歯ブラシではうまく磨けない箇所でも汚れを落とすことができます。また、歯ブラシでは全体の60%ほどしか磨けないのに対し、デンタルフロスでは80%も磨けるといった統計データもあるため、おすすめなのです。

虫歯や歯周病の発見に役立ちます

歯ブラシに比べ、デンタルフロスの方が虫歯や歯周病の早めの発見に結びつきます。それはなぜでしょうか?実はデンタルフロスを使うことで次のような気づきが得られるからです。
まず、歯と歯のすき間にざらついた感触がある場合です。正常な歯はツルツルした感触なので、ざらつく場合はなんらかの異常があるとみてよいでしょう。
次に歯の表面にデンタルフロスを触れると滑らかにいかず、引っかかってしまう場合です。これは歯の表面に凹凸ができてしまっているからであり、これも歯の異常と見てよいでしょう。
このような際は虫歯や歯周病の初期症状である可能性もあるため、歯医者さんへ行って診てもらうようにしましょう。

気になる口のにおいの予防に力を発揮してくれるからです

歯に食べかすが残っていると、それが口臭の原因となってしまいます。これは、食べかすそのものがにおう場合もあれば、食べかすがたまってそれが発酵してしまい、キツイにおいを生み出す場合もあります。また、歯垢も口のにおいの原因で、細菌が口の中で繁殖してしまうことによって引き起こされます。
歯ブラシばかりでなく、デンタルフロスを使うと磨き残しや歯垢をきれいに取り除くことができるため、気になる口のにおいの予防にもつながります。

桑名の歯科と言えばKITADEDENTALCLINIC(キタデデンタルクリニック)

治療した歯の状態をチェックできるからです

歯の詰め物やかぶせ物は、経年劣化していくものであり、歯のかみ合わせなどで強い力が加わると、場合によっては割れたり欠けたりすることもあります。デンタルフロスを使って、フロスが切れてしまったり、引っかかってしまったりする場合は、こうした治療した歯の劣化を早期に見つけることができます。また、詰め物やかぶせ物の劣化は虫歯や歯周病を引き起こす原因にもなるので、歯の病気の早期発見にも役立つと言えるのです。

カテゴリー: 心療内科の知識