トラウマは心の病気?PTSDについて

PTSDは心の病気です

過去のショックな体験が頭から離れない、思い出して辛くなるというトラウマを持っている人は多くいると思います。ショックな体験の後で、思い出してしまうという行為はとても自然なことです。しかし、それが原因で体に不調が出たり、日常生活に支障が出たりするようでしたら、それはPTSDかもしれません。
PTSDとはPost Traumatic Stress Disorderの略で、心的外傷後ストレス障害のことです。過去に受けたショックな体験がストレスとなり、本人の意思とは無関係に何度も思い出してしまい、心の大きな負担となります。その原因には、自然災害(震災や豪雨災害など)、暴力(DVや虐待など)、犯罪被害、事故、などがあります。このような経験は大きなストレスとなるので、その後も何度も思い出したり、不安や緊張が続いたり、体調不良や不眠を引き起こすこともあります。それは仕方ないことで、ある意味自然な反応なのですが、症状が何か月もずっと続くような場合には、PTSDになっているかもしれません。また、PRSDはショックな体験を受けたすぐ後に出るだけでなく、何年も経って忘れたと思ったころに発症する場合もあります。

PTSDの症状とは

PTSDの症状は、ただ辛い体験を思い出すだけではありません。その時に感じた感情も同時に思い出します。思わず泣いてしまうほど、感情があふれ出すこともあります。当時の様子をリアルに思い出したり、夢で何度も同じ光景を見たりすることもあります。
また、辛い体験を思い出していない時でもいつも気分が張りつめていて、落ち着かなかったり不眠などの症状が出ることもあります。
このような辛い症状が出ていると、そして日常の中でふと思い出してしまわないように、思い出すきっかけとなる物事を避けるようになります。そうすると無意識の内にでも段々と行動が制限されていき、普通の日常生活が送れなくなることも少なくありません。
このような症状は、ショックな体験を受けた後はほとんどの人に表れる、自然なものです。しかしそれは大抵、1か月くらいで自然と回復していきます。もし数か月経っても症状が続いていたり、悪化していると感じたらPTSDかもしれません。診断と治療のために、病院などの専門機関を受診してみましょう。

中山クリニックは金沢市随一の心療内科です

PTSDの治療法とは

PTSDと診断されたら、治療を開始しましょう。辛い過去を消すことはできませんが、現在の日常生活と健康を守ることはできます。治療は、過去に受けたこころの傷を癒すことと、現在の苦しい症状を軽くすることが基本となります。
あえて辛い体験を思い出して「思い出しても危険はない」と体に教え込む治療法や、考え方を別の視点に導く治療法などさまざまな方法があります。医師やカウンセラーなど、専門家が行うものですので、安心して取り組むことができます。PTSDに悩む人同士で話をし合うグループ療法などもあります。
また、医療機関では辛い症状には薬を処方してくれる場合もあります。不眠、不安が大きい、うつ状態があるなどの際には効果的です。医師との相談の上、上手に取り入れていきましょう。

カテゴリー: 心療内科の知識