乳酸菌がむし歯を作るメカニズム

むし歯の原因菌は「ミュータンス菌」

口の中にはさまざまな細菌が棲みついています。口腔内の細菌の種類はおおよそ300~700種類と言われており、ふだんから歯磨きをしっかりする人で1,000~2,000億個、こまめに歯を磨かない人は4,000~6,000億個、ほとんど歯を磨かない人にいたっては何と1兆個もの細菌が棲みついているのです。口腔内細菌にはさまざまな種類がありますが、中でもむし歯をひきおこすむし歯の原因菌になるのはミュータンス菌です。
ミュータンス菌は糖質をえさにして活動する性質をもっています。ご飯やパン類、麺類やイモ類、そして砂糖がたっぷりふくまれたお菓子や清涼飲料水などを摂取すると、これらの糖質をふくんだ食べかすが歯に付着します。この糖質をエネルギー源としてミュータンス菌は活動しているのです。このことから、砂糖をふくむお菓子や清涼飲料水が歯に悪い、むし歯になりやすい、と言われることの理由がおわかりいただけるかと思います。

ラクトバチルス菌がむし歯の穴を深く大きくする

ラクトバチルス菌とは乳酸菌の一種で、正しくは乳酸桿菌と呼びます。このラクトバチルス菌はむし歯菌が開けた歯の穴に棲みつき、むし歯の穴を深く大きく広げていく性質をもっています。このため、ラクトバチルス菌が「むし歯を作る」というのはあやまりであり、正しくは「むし歯菌が歯に開けた穴を乳酸菌の一種であるラクトバチルス菌が深く大きく広げてしまう」ということになります。
乳酸菌は私たち人間のお腹、腸内活動を正常化するためには欠かせない菌のひとつです。しかし、乳酸菌の一種であるラクトバチルス菌はむし歯の穴を深く大きく広げてしまう性質をもっています。ラクトバチルス菌はヨーグルトや乳酸菌飲料などにふくまれているほか、口の中に常に存在する常在菌の一種でもあります。

「8020ラクトバチルス菌」がむし歯を予防

むし歯が作った穴を深く大きく広げてしまうラクトバチルス菌。しかし、すべてのラクトバチルス菌、つまり乳酸桿菌が悪者ではないことが近年の結果で明らかになってきてきます。近年の研究結果ではラクトバチルス菌の中でも特に「ラムノーザス・K03株」という種類、別名を「L8020菌」と呼ぶ乳酸桿菌にはむし歯の穴を広げるどころか、逆にむし歯の原因菌であるミュータンス菌や歯周病の原因となる歯周病菌の数を減らす効果があることが明らかになっています。
このため、現在ではL8020菌をふくむヨーグルトや乳性飲料が市販の製品として販売されており、これらの乳製品を摂取することでむし歯や歯周病にかかりにくくする予防効果を期待できるとされています。しかし、これらの乳性飲料には砂糖がふくまれているものもあるため、摂取したあとはやはり歯磨きをすることをおすすめします。

大津市で知られている歯医者

カテゴリー: 心療内科の知識