何歳から内科にかかるか知っていますか

小児科を卒業する年齢とは

子供を抱えている世帯にとってかかりつけのお医者さんはとても大事ですよね。
子供の小さなうちは小児科に通って小児健診から予防接種、日々の病気の治療などすべてを診てくれていたお医者さんですが、子供が育てばいずれは内科のお世話になるようになります。
では何歳から内科にかかるべきかご存知でしょうか。
医薬品の適用では小児は15歳未満を示していますが、医療の現場では必ずしもそうではないそうです。
内科医では12歳の中学校入学を目安に考えている医師が多く、小児科医では15歳の高校入学を目安と考えている医師が多いので明確な指標はないようです。
持病を持っている子供の場合、15歳を過ぎてもそれまでの主治医を継続した方が良いこともありますので主治医と相談しましょう。

どんな内科を選べばいいのか

持病や経過観察中の病気がある場合には小児科で紹介してもらうことがベストですが、特に何もない場合には自分で内科医を探す必要があります。
親が通っている内科があればそこをかかりつけ医として利用すると、感染性の病気などの時に家族全員をまとめて調べてもらえるので便利です。
しかし新たに内科医を探すのであればいくつかのポイントをチェックしておきましょう。

山口県宇部市で内科をお探しならばわただ内科があります

通いやすさだけを重視しない

子供といえども中高生になれば一人で病院へ行くようになりますから、自転車や徒歩で簡単に行けるというのは一つのポイントではあります。
しかし一人で診察へ行くということは、子供が委縮せずに病状を話すことができるようなお医者さんでなければいけません。
きちんと症状を話すことができなければ相手も正しい判断をする事ができませんし、そうなればいつになっても回復しないということになりかねないからです。
さらに病状や対処方法などを子供相手にもわかりやすく説明してくれるお医者さんである必要があります。
子供でも理解できるように注意点や対応を教えてくれる、子供と相性の良いお医者さんを見付けましょう。

患者を抱え込まない病院を選びましょう

内科と一口に言ってもその診療範囲は広く、場合によっては専門医の力が必要になることも多くあります。
かかりつけ医の役割の一つは、専門医の力が必要な時には患者を抱え込むことなく専門医に紹介することです。
ですから診察してもらって原因がわからない時には他の専門医を紹介してくれるような病院を選びましょう。
紹介状や報告書、カルテのコピーなどを渡してくれる病院であれば大きな病気になった時でも手遅れになることなく対応することができます。

カテゴリー: 心療内科の知識