内科にも色々な種類が存在する

内科とはどんな診療科目か

医療機関の中でもっとも身近な診療科目である内科にかかる人は、多いでしょう。
一般的に内科とは、大人がかかる病気のほとんどを受け持つ診療科目であるといわれています。
内臓などの病気を薬物を中心にした治療方法で治すことが主流です。
手術は外科が取り扱うことが多いため、内科ではほとんど行いません。
たとえば頭が痛いときに内科にかかり、診断の結果脳に関連した病気である可能性や、偏頭痛である可能性が示唆された場合、専門の診療科目を紹介することが少なくありませんが、内科の範囲内である病気の場合には適切に診断します。
基本的には病気で調子が悪い時にかかる医療機関の中でもっとも身近ですが、診察・治療だけではなく、検査を行ってどんな病気なのかを判断し、適切な診療科目を紹介する医療機関の総合デパートといえるでしょう。
総合診療科と呼ばれる科目と同じ働きをするところも少なくありません。

内科も細分化している

単純な内科としての治療だけではなく、様々な部分に特化した内科があることをご存知でしょうか。
それぞれの違いを理解して診察にかかると、より専門的な視点から病状を見てもらえるため、詳しい結果がわかるでしょう。
循環器内科とは心筋梗塞や狭心症を中心にした血液の循環に関連した心臓や血管の病気の診断及び治療を専門としている診療科目で、時々消化器内科と間違われますが、血液の治療を行う内科なので、間違えないようにしましょう。
また、血液内科とも間違われやすいですが、血液内科は血液の病気を見る診療科目で、血管とは別となるため、間違えないようにしましょう。
消化器内科は胃腸や食堂をはじめとした消化・吸収に関連した臓器の病気の治療をメインとして行う診療科目です。
消化器内科の中でも胃腸専門の胃腸科、肝臓専門の肝臓内科、腎臓内科は腎臓の病気を専門とする、というような診療科目も存在しています。
ただ、比較的大きな医療機関では消化器内科のほうが多いです。
呼吸器内科は呼吸器に関連した病気を専門に診察・治療します。
風邪などの場合には呼吸内科が専門といえるでしょう。
糖尿病を中心とした代謝の病気や副腎系の病気の場合は、代謝・内分泌内科です。
それ以外にも神経に関連した病気は神経内科を受信したほうがいいといわれて折、それ以外に免疫機能の以上によって発生するリウマチ専門の診療科目なども存在しています。

ざいつ循環器・内科は親切丁寧な福岡市早良区の病院です

内科で行われる検査

血液検査・尿検査・胃カメラなどは内科でもやっています。
ただし、大腸内視鏡検査の場合には、消化器内科で行っていることが大半です。
主な治療としては血液検査や尿検査だといわれています。

カテゴリー: 心療内科の知識