大人でも恐怖を感じる歯医者

大人でも歯医者恐怖症は珍しくない

子どもが怖がるイメージのある歯医者さんですが、大人でも歯医者さんに恐怖を感じる方は少なくありません。
ちょっと怖い程度ではなく、本当に怖くて怖くて仕方がなくて、治療が必要なのに歯医者に行くことができないといった方もいらっしゃいます。
大人でも、歯医者さんで治療を受ける前にパニック症状を起こしたり、泣いたりする方もいるものです。

歯医者さんには、恐怖を与える要因がどうしても揃っていますから、仕方ないところです。
視覚的には、痛みを想起させるドリル状の器具などが患者の椅子から目に見える場所に用意されていますね。
また、治療の際に聞こえてくる音や、病院ならではの消毒液のにおいなども、恐怖のイメージと結びつく可能性があります。

保険外治療だが眠っている間の歯科治療も

歯医者さんの治療も、最近は痛みを軽減する取り組みが進歩してきました。
一番の基本はお医者さんや歯科衛生士さんが患者とコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことですが、最近は本格的に無痛治療に取り組むところもあります。
一番究極的な方法は、患者さんを局所麻酔ではなく、静脈内に点滴を行い眠らせてしまうという方法です。
点滴の注射で小さな痛みこそありますが、歯の治療自体は眠っている間に終わるので、痛みはもちろん、歯を削られる恐怖も感じる必要がありません。
当然、本来の歯医者さんの治療に必要不可欠なステップではないため、保険外の治療となりますが、本当に歯医者に恐怖を感じるという方には、選択肢の1つとなりえるでしょう。
ただし、麻酔のあとに具合が悪くなってしまう可能性もあります。
今まで手術の時に麻酔を受け、具合が悪くなった経験があるという方は、歯医者さんに相談しましょう。

早めに歯医者に行かないと症状が重く

歯医者さんよりも怖いのが、歯医者さんに行かなければ行けない状態を放置して、歯の症状が重くなってしまうことです。
たかが虫歯でも、放置していれば歯を失ったり、虫歯菌が体内の他の場所に悪さをして、全身に症状が出てきたりという可能性もあります。
歯周病の放置ともなれば、すべての歯を失ってしまうリスクもありますので、歯医者さんの治療は、早め早めに行うのがベストです。
歯医者さんの治療で完全に恐怖や痛みを取り除くことは難しいかもしれませんが、多くの歯医者さんは患者の不安や痛みに寄り添い、できるだけ痛くない治療を目指しています。
患者側にできることは、できるだけ評判がよく、痛みの少ない治療を提供している歯医者さんを探すことと、その歯医者さんを信頼して治療に向かうことです。

kobayashi-dental.net

カテゴリー: 心療内科の知識