妊娠中は歯医者の治療を受けられるのか?

妊娠中でも歯医者に通うことは可能

妊娠中は、赤ちゃんとお母さんは胎盤を通して繋がっている状態なので、細菌やウイルスなどの病原菌を持ってしまうと赤ちゃんにまで影響が出ることがあります。その結果、早産となってしまったり、最悪の場合死産になってしまうことも考えられます。妊娠中の歯の病気は、お母さんだけでなく赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があるため、軽く考えず早めに歯医者を受診しましょう。
ただ、妊娠中は赤ちゃんに影響を与えることを考慮し、薬の処方や治療が通常よりも制限される場合があります。歯科医も赤ちゃんへの影響を考え、薬を処方せずに治療する方法を提案します。もちろん、妊娠中だからと言って歯医者通えないわけではありませんが、通う時期には注意しなければなりません。

妊娠中の歯科治療に適した時期

歯科治療に適している時期は、妊娠5~7ヶ月の中期です。安定期に入ってからだと赤ちゃんに及ぼす影響が低いため、安全に歯科治療を行うことができます。
しかし、妊娠初期や後期は、薬の影響と母体への負担を考えるとリスクが大きくなるため、受診しても治療ができないケースがあります。特に妊娠初期の赤ちゃんは、身体を形成する大切な時期なので、薬や治療行為によって赤ちゃんにどんな影響を出るかも予想しにくいのです。妊娠後期になると、妊婦さんはお腹が大きくなってくるので仰向けで寝るとお腹の血管が圧迫されてしまい、母体に負担がかかります。
このように、妊娠中に歯医者で治療をするのであれば、妊娠中期がベストです。ただ、あまりにも口内トラブルがひどい場合は歯科医と相談して、応急処置をすることをおすすめします。

医療法人大草徳庵歯科医院は大阪市鶴見区随一の歯医者です

治療時の注意点

妊娠中は特に薬の服用に注意しなければなりません。赤ちゃんに影響を与える可能性がある薬はもちろんですが、歯医者で処方される鎮痛剤や抗生物質などは、服用しても問題がないかきちんと確認しましょう。
鎮痛剤が処方される際には、鎮痛作用だけの薬剤かどうか確認することも大切です。消炎作用がある鎮痛剤は赤ちゃんに悪影響が予想されるからです。
抗生物質についても、種類によっては胎児障害などのリスクが懸念されているものがあるため、リスクが低いものが処方されているかどうか確認しましょう。リスクが低いものでも、抗生物質は最小限に留めたほうが良いと言われています。
また、歯医者では虫歯の有無や虫歯の進行具合を把握するためにレントゲンを撮ることがあります。中には妊娠中のレントゲンが赤ちゃんに悪影響を及ぼすのではないかと心配している方もいるでしょう。しかし、歯科用のレントゲンはX線が弱く、X線を通さないエプロンを使用するため問題ありません。
口内トラブルはできるだけ妊娠中期の時期に治療をしておくことで万全の状態にすることが理想でしょう。常に歯の健康に気を付けておくことで不測の事態へのリスクを軽減することができます。

カテゴリー: 心療内科の知識