小児歯科と一般歯科の違い

小児歯科は一般歯科と違うの?

小児歯科と一般歯科は、治療内容に違いがあるわけではありません。虫歯治療や、定期検診による予防歯科などを行っています。一般歯科に行っても、子供の虫歯治療は受けることができます。

しかし、子供の歯に詳しい先生でなければ、子供の歯の成長に合った治療計画を立てることが難しいと言われています。小児歯科では、お子様の歯の状態を確認し、まだ永久歯が生えていない場合は、生えてくる歯に影響を与えないように治療をするということが大切になってくるのです。一般歯科でも、子供の歯に対して全く知識がないというわけではありませんが、小児歯科専門の看板をあげているほうがより安心といえるでしょう。

小児歯科は子供への配慮がある

小さなお子様の場合、歯医者さんが苦手ということは多いです。大泣きしてしまったり、暴れてしまう子もいるようです。一般歯科の場合、このような状態になったお子様に対しての対応が難しい場合があります。しかし、小児歯科の場合は、院内の雰囲気を子どもが楽しめるような空間にしていたり、治療を頑張ったらご褒美をあげるなど、配慮されています。また泣き出してしまっても、子どもに慣れている歯科医師の先生や歯科衛生士、歯科助手さんの場合は、上手にあやして落ち着かせてくれるとでしょう。歯医者さんに行くと聞いただけで怖がってしまうお子様も多いので、そのようなことが減るように、様々な工夫がされています。

佐伯市にあるわきた歯科医院は腕の良い歯医者です

小児歯科は予防治療にも力を入れている

大人になってからも予防歯科はとても大切ですが、小児歯科でも定期検診による予防歯科は重要と言われています。特に、小児歯科では歯磨き指導を丁寧に行ってくれます。お子様が自分で歯磨きするようになったら、歯医者さんで正しいブラッシング方法を教えてもらうことをおすすめします。それから、小児歯科の予防歯科では、シーラントという処置を行うこともあります。これは、歯磨きで磨き残しが出やすい部分に、専用のプラスチックを入れて虫歯を予防することができる方法です。奥歯の溝に汚れがたまりにくくなるので、虫歯予防ができると言われています。自然に溶けてくれるので、体内に害も無く安心です。

小児歯科は何歳から何歳が対象?

小児歯科の対象年齢は何歳から何歳なのでしょうか?実は明確に決められている年齢はありません。子どもの歯の成長を考えると、小児歯科はだいたい中学生くらいまでではないかといわれていますが、歯医者さんによっては高校生くらいまでを対象としているケースもあります。小児歯科と一般歯科を診療項目としている歯医者さんを選べば、大人になってからも通い続けることができるので、安心ではないでしょうか。

カテゴリー: 心療内科の知識