整体と接骨院の違い

資格が必要ない整体

接骨院を営む場合は「柔道整復師」という国家資格が必要です。
柔道整復師の資格を得るには厚生労働大臣が認可している専門学校や大学に入学して、専門知識や施術の技術を身に付ける必要があります。
知識や技術を身に着けたらそれで終わりではありません。
柔道整復研修試験財団という財団法人が行っている国家試験に挑み、合格することで柔道整復師の資格が入手できるからです。
資格を得るまでには時間がかかるというはありますが、数年に渡って技術を学んでいるので、どの整骨院もそれなりに安定したサービスが受けられます。
これに対して整体は資格が必要ありません。
あくまでも民間サービスの1つなので、誰でも整体師を名乗ることができます。
とはいえ素人が整体師を名乗ってもお客さんは来てくれないので、マッサージの技術などを学ぶ必要があることには気をつけてください。
また接骨院では治療方法が制限されているため、どの店舗でもおこなっている施術に大差はないのですが、整体は民間療法なので、法律に反することでない限りは、色々な治療方法が実施できます。
そのため整体ごとに得意としている施術が異なっているのが特徴です。
「ストレスをかなり抱えているから、リラックス効果をもたらしてくれる整体にする」や「肩こりが酷いからマッサージを入念にしてくれる整体に通う」など整体に通う場合は、自身が求めているのと店舗が提供しているものをしっかりと吟味してから通うにしてください。

疲れを取るのが整体

接骨院の場合は「痛みを取り除くこと」に主眼をおいています。
筋肉や腱にダメージがあり、それが原因となって痛みが発生している場合は、問診や診察をえて痛みの原因を探しだし、そこを中心に施術をおこっていきます。
専門学校などで習った理論を元に施術をおこなっていくので、治療効果は高いもののオイルトリートメントやアロマオイルといった治療には関係ないものが使われることはほとんどありません。
「肩や腰に抱えている痛みをすぐに取り除きたい」と思っている方は整体よりも接骨院を利用するようにしましょう。
整体は「疲れを取り除くこと」を重要視しています。
おこなっている施術はマッサージ以外にもオイルトリートメント、アロマオイルなどさまざまなことをおこなっているのが特徴です。
痛みを取り除くことを主眼においているので、筋肉や腱が抱えているダメージを取り除くことはあまり重要視していないので注意してください。

稲城で有名な整体

カテゴリー: 心療内科の知識