整形外科と形成外科は何が違うのでしょうか?

整形外科とは?形成外科とは?

整形外科は、人体の軸となる骨や関節といった骨格に関わる部分と、それらを覆い囲んでいる筋肉や神経といった運動機能の回復を重要視する外科の一種です。治療は背骨や骨盤といった人体の土台部分と、四肢が主な対象となります。
一方、形成外科は、先天的な人体の異常や、病気やケガなどが原因で、体の表面が見た目的に良くないような、醜形となってしまったところを治療して改善する診療科で、こちらも外科の一種です。治療は体全身の他、頭や顔も含んでいます。
では、より具体的にそれぞれの治療範囲を見ていくことにしましょう。

整形外科と形成外科のそれぞれの具体的な治療範囲とは?

整形外科は体の運動や動きに関しての治療を行なっています。具体的にはまず、骨・関節などの疾患やケガの治療です。さらに、脊髄・神経などの疾患やケガの治療、靭帯・筋肉などの疾患やケガの治療、肩こり・腰痛などの治療、リハビリといったことが挙げられます。
一方、形成外科は、体の表面やその形の改善などを主に扱っています。具体的にはまず、ケガや火傷、高齢者などに多く見られる床ずれといったキズの治療です。次に病気による皮膚に見られる変化で、切除等が必要な場合に治療します。また、ガンの手術で失われてしまった体内にある組織やその機能の回復などを治療します。
その他、先天的に見られる体の奇形の修正、ケロイドや先天性のあざの治療、眼球が収まっているくぼみ、また、ほほの骨などの顔面骨折の治療、アンチエイジングといった若返りを目指す手術なども治療範囲に当たります。

うしく整形外科クリニックは横浜市で随一の整形外科です

整形外科と形成外科が扱う主な疾患にはどのようなものがあるのでしょうか?

整形外科ですが、まず外傷として、捻挫、打撲、脱臼、骨折、切断肢の再接着などが挙げられます。
次に先天性の疾患として、股関節脱臼、内反足、斜頚などが挙げられます。
次に脊椎の疾患として、腰椎椎間板ヘルニア、側弯症、頚推症などが挙げられます。
次に変性の疾患として、変形性関節症などが挙げられます。
次に自己免疫の疾患として、リウマチ、さらに代謝性の疾患として、痛風や骨粗鬆症などが挙げられます。
一方、形成外科ですが、まず巻き爪や陥入爪が挙げられます。
次に外傷として、切り傷、擦り傷、刺し傷、咬傷、裂挫創などが挙げられます。
次に皮膚腫瘍の切除として、いぼ、ほくろ、脂肪腫、粉瘤などが挙げられます。

カテゴリー: 心療内科の知識