整骨院での捻挫・打撲・肉離れの診断や治療

整形外科で診断を受けてから整骨院で治療を

整骨院では捻挫、打撲や肉離れといったケガの整復を行うこともできます。
しかし、捻挫かなと思った時でも、初診の場合は基本的に整形外科で治療を受けるほうが間違いがありません。
整骨院は病院とは違い医師が在籍しているわけではないので、治療はもちろん、診断についてもできることが限られるためです。
骨折などで、最初はあまり腫れていなくても後から腫れが強くなるケースもあります。
素人考えで判断せず、専門医に最初に診断を仰ぐのが賢明です。

柔道整復師ができる施術の範囲

整骨院の柔道整復師ができない範囲の分野で、特に診断や治療に影響が大きいのは、レントゲンを撮影することができないということです。
レントゲンを撮影しなければ、骨折などの正確な診断を下すことができません。
採血や投薬といった医療行為も、整骨院では行うことができないので、診断が確定しないうちは、整骨院ですぐ治療してもらうことが難しくなってしまいます。
整形外科で「捻挫」や「肉離れ」とはっきりした診断をもらってから、治療方針を考えましょう。
整骨院の柔道整復師ができるのは、捻挫や打撲、肉離れといった幹部の固定や整復で、手技や温熱・電気医療機器を使うことでその回復を早めることです。
治療に伴い、患部をマッサージするといった、あん摩マッサージ指圧師が行う治療も一部行うことが可能です。

むとう整骨院は矢板市随一の整骨院です

早期に日常生活、仕事に戻る手助けを行う

整骨院でこうした捻挫などの治療を行う大きな利点が、リハビリの専門家とも呼べる柔道整復師の力を借り、少しでも早くケガから日常生活に戻ることができるという点です。
仕事などをしながら、仕事帰りに定期的に整骨院の治療を受けることもできます。
整形外科よりも夜間や土日に都合がつきやすいのは、かなり大きな差となるでしょう。
スポーツをしていて、部活の大会などに間に合わせたい、早くケガを治したいという場合も整骨院でリハビリ支援ができます。
これは整形外科でもできることですが、定期的に整骨院に通いながら生活上の注意などを尋ねることも可能です。
良い整骨院では、ただその場で施術を行うだけでなく、自宅でもできるケアや、ケガを悪化させないための注意事項などを丁寧に説明してくれます。
そうした注意をしっかり守ることができれば、より痛みが軽減され、早く完治する可能性も高まるでしょう。

カテゴリー: 心療内科の知識