整骨院と整形外科との違いとは?

治療を定規として両者を比べてみましょう

法によって決められた医師の資格を取得した医師というのは、医療行為を行なうことができます。一方、整骨院の場合、そこに勤めるのは医師ではなく柔道整復師であるため、医療行為を行なうことはできません。
診察を申し込んだ場合、患者が痛みを感じる部位にレントゲン撮影を行なう整形外科に対し、整骨院はレントゲン撮影やMRI、XPといった検査ができないので、損傷が発見できない可能性もあり、場合によっては後々手遅れになってしまうこともあります。痛みが何によって生じているのか?現在どのような状態なのか?といったことを正確に理解し、その後の治療方法についてを考えていかなくてはならないため、例えば交通事故などの重いケガを負ってしまった場合などは特に、適切な医療行為を行なえる整形外科の診察の方が安全だと言えるでしょう。

賠償比較~後遺障害等級認定について~

例えば交通事故によって後遺症が残ってしまったとき、後遺障害等級の申請を行なわなくてなりません。しかし、こうした際に整骨院の施術しか受けていない期間というのは、適切な治療行為を受けていないと判断せれてしまい、認定がされづらくなってしまいます。仮にこの後遺障害等級の認定がされないと、全体の賠償額といった金額は、認定を受けられた際の金額と大きく異なってきてしまうのが一般的であり、整形外科で治療を受けていれば受けられていた適切な賠償から比べると、圧倒的に不利になってしまうため注意が必要です。

nagomi-seikotsu.jp

賠償比較~慰謝料や治療費について~

この場合もまた、交通事故を例にとって考えてみましょう。
交通事故によって被害者となってしまった場合、加害者や加害者側の保険会社と交渉が必要になってきます。また、加害者側との話や事実との食い違いが生じてしまった際は、場合によっては訴訟といったことも起こり得ます。こうした際でも、前述した後遺障害等級認定と同じように、整骨院での施術しか受けていない場合、その期間というのは適切な治療行為を受けていない期間と判断されてしまいます。そして、加害者側からその期間の治療費の支払いを断られてしまうといったことも起きてしまいます。また、慰謝料の場合も同じで、算定のベースとなる期間に算入されないといったことが起きてしまいます。
整骨院の中にはもちろん、腕の良い柔道整復師の方もいらっしゃいますが、これまで見てきた側面から考えると、まずは整形外科での診察がおすすめと言えます。

カテゴリー: 心療内科の知識