整骨院の治療が全額自己負担となる場合

慢性的な症状の改善は健康保険が使えない

整骨院に通う方の多くが、腰痛や肩こり、五十肩、関節痛といった症状で悩んでいることと思われます。
しかし、日常生活やスポーツを通して、また姿勢の悪さなどが原因と思われる慢性的な体の痛みやコリについては健康保険が適用できません。
整骨院で健康保険を使って治療できるケガは、かなり法律で限定されています。
急性、もしくは亜急性の骨折や脱臼、打撲、捻挫、肉離れとなっているので、腰の痛みをマッサージで和らげたいといったケースは健康保険適用外となります。
もちろん、癒し目的でなく、日常生活に支障が出ないよう痛みを取りたいという場合は、慢性的な腰痛でも医療機関の受診で健康保険が使えます。

同じケガでも健康保険が使えないケースがある

また、ケガの内容自体は整骨院で健康保険の適用OKというものであっても、健康保険が使えないケースがいくつかあります。
1つはケガの原因が労働災害、通勤災害によるというケースです。
この場合はそもそも保険が労災保険から下りるので、どんなケガであっても、そして病院など整骨院以外の施設でも、全く健康保険での治療に該当しません。
もう1つは、骨折や脱臼などで医師の同意が得られていない場合です。
それ以外のケガでも、整形外科と整骨院、両方を同時に同じケガで通っているという場合は整骨院で健康保険がきかないので注意が必要です。
最後に、治療内容自体が健康保険で認められていないものであるというケースがあります。
普通の病気の治療でも、健康保険で認められていない新しい治療薬を使うと健康保険外となるのと同じ理由です。

以前の負傷の後遺症も、健康保険適用外

交通事故の場合は健康保険が使えます。
しかし、過去のケガや交通事故の後遺症で、以前治療した場所の痛みが再発したというケースは健康保険が使えないというルールがあります。
治療が長期間になり、慢性的に通うような状態になっている場合も、整骨院の治療で健康保険が使えないケースとみなされます。
基本的に、医療機関で治療すべきものは医療機関以外でほとんど健康保険が使えないというのが、日本の健康保険制度です。
代替的な治療手段が用意できない、用意しにくいといったケースや、緊急性がある場合など必要がある場合のみ、病院以外の施設でも健康保険が例外的に使えるという仕組みとなっています。

saito-seikotuin.net

カテゴリー: 心療内科の知識