最近の歯医者は痛みを軽減させる治療技術がすごかった

歯医者と聞くと痛みをイメージする人は多い

みなさまは歯医者と聞くと、どんなイメージを持っていますか?恐らく、一番多いのが「治療が痛い」というイメージだと思います。子供が歯医者に行くのを嫌がるのも、この痛みが原因だと言われています。小さい時に歯医者に行って、めちゃくちゃ痛い治療を受けたのがトラウマで、大人になった今でも歯医者に通えないという人もいるのです。
しかし、歯医者に行かなければどんどん虫歯が進行していきます。虫歯が進行すればするほど、その歯の寿命というのは短くなっていくのです。将来入れ歯になってしまうリスクもあるので、虫歯があるなら早めに歯医者へ行くようにして下さい。

最近の歯医者は痛みを感じずに治療を受けられる

最近の歯医者というのは痛みを軽減させた治療を提供しています。昔の「歯医者は痛い」というイメージを持っている人はびっくりするくかもしれません。治療技術も上がっていますし、麻酔の精度も高まってきています。そこまで痛みを感じずに治療を受けられるので、虫歯がある人や長い間、歯医者に行っていなくて虫歯があるか心配だという人は、一度歯医者へ行ってみて下さい。

麻酔の技術も進化しています

虫歯の治療をする際に、麻酔を使うこともあります。麻酔は治療時に感じる痛みを軽減させることができるので、痛みが伴う治療をする際の必需品になるのです。しかし、昔の麻酔は歯茎に注射をして行うものがほとんどでした。この歯茎への注射が痛くて、「注射の痛みが我慢できない」という人も多かったのです。現在では、そんな人のために、麻酔の注射をする前に、歯茎へ麻酔を塗って注射の痛みを感じさせないようにすることもできます。塗り薬のような麻酔を歯茎に塗ることで、注射の痛みを無くすことができるのです。これを使うことで、現在は注射での麻酔時の痛みを軽減できるので、昔のイメージで「麻酔の注射が痛い」と感じている人は、虫歯を我慢しないで歯医者へ行ってみて下さい。

moriyama-dc.jp

今の歯医者は痛いのが嫌な人でも安心して通えます

歯医者に対して「痛い」というイメージを持っている人は非常に多いです。確かに子供の頃に感じた痛みというのは、それがトラウマになることがあるので、歯医者を怖いと思ってしまうのは仕方がないことなのかもしれません。しかし、現在の歯医者というのは昔の歯医者とは丸っきり違います。痛みの部分もそうですし、歯科医師の仕事に対する取り組み方や院内の綺麗さ等も、大きく違ってくるのです。昔のイメージを持って、歯医者を怖がることで、どんどん虫歯は進行してしまいます。そうならないために、虫歯があるなら早めに歯医者へ行って診てもらうようにしましょう。

カテゴリー: 心療内科の知識