歯のクリーニングについて知りたい

歯のクリーニングとは?

歯のクリーニングは、歯についてしまった歯石や歯垢、着色などを落とすものです。歯垢は、毎日歯磨きをしていれば落とせるのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、磨き残しがあると蓄積してしまいます。

蓄積してしまった歯垢は、歯石に変化します。歯石になってしまうと、歯磨きだけでは落とすことができません。歯医者さんで取ってもらうしかないのです。放置してしまうと、歯周病の原因となってしまうため、定期的に歯医者さんでクリーニングを行うことをおすすめします。歯のクリーニングでは、着色汚れも落としてもらうことができます。クリーニングの方法は、歯科医院によって多少違いがありますが、まずは磨き残しを確認して、器具を使って汚れを落とします。それから、仕上げ磨きを行い、フッ素を塗布するというような流れで行われることが多いです。歯のクリーニングでは、汚れが綺麗に落ちるので、表面がツルツルになり、自然な白さになります。

ホワイトニングとの違い

歯のクリーニングでは、歯を自然な色に戻すことができますが、真っ白にすることはできません。真っ白にすることができるのはホワイトニングです。歯のクリーニングの目的は、汚れや着色を落とすことで口内環境を整えることです。虫歯や歯周病を予防します。クリーニングは、保険適用になるケースもあります。ホワイトニングは、歯を白くして見た目を美しくします。美容目的ということです。そのため、保険適用にはなりません。ホワイトニングは、歯を白くしたいという目的があれば行えばよいのですが、クリーニングは、自分の歯を維持するために必要なケアと言えます。

福岡市中央区で歯医者を探している方におすすめします

特にクリーニングを受けたほうがいい人は?

歯磨きは、皆さん行っていると思います。しかし、歯磨きが苦手という人や、歯医者さんで磨き残しを指摘されることが多い、虫歯になりやすいという人もいるでしょう。このような人は、特にクリーニングを受けて欲しいです。クリーニングを受けることで、自分で落とせていない部分も、丁寧にケアできるので、虫歯や歯周病を予防できます。また、着色汚れがつきやすい人や、たばこを吸う習慣があるという人も、歯に汚れが付着しやすい状態なので、定期的にクリーニングを受けたほうがよいでしょう。もちろん、これらに該当されない場合でも、定期的なクリーニングは、とてもおすすめです。歯と口内環境の健康のためにクリーニングを受けておきましょう。

カテゴリー: 健康の知識