歯の最先端治療とは

歯の最先端治療について

歯医者に通って虫歯を治療することが好きと言う人は少ないのではないでしょうか。
虫歯治療を行うにあたっては、どうしても歯を削る必要があることから痛みを伴ったりするものです。しかし、虫歯は放っておいても悪化の一途を辿るだけであり自然放置していて治るものではありません。ここでは、そんな誰しもが嫌がる歯医者での虫歯治療の最先端についてご紹介したいと思います。

歯を削らない治療法について

大多数の方は、歯医者の虫歯治療では、虫歯が発生している歯を削って詰め物をするという処置を施したのではないでしょうか。歯を削るときの、あの独特のキーンと発生する音や、ドリルで歯を削ることに伴う音が振動として歯に伝わることが嫌いだという人が多いののではないでしょうか。しかし、音や振動などの嫌な思いをしてまで治療した虫歯がそのまま治らずに再発する可能性があるのです。それは、一度歯を削って詰め物を詰めるたあとに年月を経る中で、詰め物と歯との隙間から虫歯が再発する可能性が非常に高くなってしまうのです。このリスクが元となり、歯の寿命を縮めることになる結果となってしまうことも想定されます。こういった事象が確認されていることから、虫歯に伴う痛みが強烈な場合や絶対に歯を削らないと治せないといった虫歯意外については、極力歯を削らずに処置して虫歯を治すMI治療という治療手法が実施されるようになっています。

中島歯科医院は沼津で随一の歯科医院です

MI治療について

MI治療という名称に使用されているMIとは、ミニマムインターベンション(Minimum Intervention)の略語となっています。直訳すると最小限の干渉という意味となります。このような意味合いから、MI治療とは出来るだけ歯を削らないで治療するという処置のことを指しています。 これまでの治療方針の概念としては、虫歯治療において早期発見をしたのち、早期治療が大原則とされています。その思想に基づいて、小さな初期の虫歯を見つけると早期治療を施すことが有意義であるとされていたことから、歯を削って銀やプラスチックの詰め物をする治療を実施するという手法を採用していました。しかし、その思想そのものが歯に悪影響を及ぼす結果となってしまっていたのです。そのような治療を行った結果、ほとんどの人が虫歯のない健康な歯を維持できたかと言うと、そうではなく虫歯は再発してしまっているケースが見受けられます。どちらかと言うと、虫歯を削って詰め物をしたことにより、逆に歯の寿命を短くしてしまったケースも少なくありません。みなさまにおかれましても、正しい知識をお持ちになられたうえで、虫歯治療を行って頂きたいと思います。

カテゴリー: 心療内科の知識