歯の矯正を安く済ませる方法はある?

メタルブラケットの表側矯正を選ぶ

表側矯正は、歯の表側にワイヤーとブラケットという装置をつけ、少しずつ歯を動かしていく矯正治療です。歯の表面に矯正装置をつけるため目立ちますが、費用を抑えられるというメリットがあります。ただし、費用は10万~150万円程度と非常に幅広く、矯正箇所や使用する装置の種類で大きく異なります。
使用するブラケットには、透明で目立ちにくいものと金属で目立ちやすいメタルブラケットがあります。メタルブラケットによる表側矯正が矯正治療の中で最安値でしょう。もちろん、部分矯正の方が安くなりますが、全体矯正ではメタルブラケットの表側矯正が安く済みます。
部分矯正は1本単位で動かせますが、場合によっては適用できません。違和感のある歯列になっては元も子もないため、あまり費用を優先させすぎないようにしましょう。

トラブルが起きている場合は保険適用される

矯正と言えば、歯列を美しく整えることをイメージする方もいますが、もともとは噛み合わせの不良などによってトラブルが起きている人に対して行う治療法です。見た目を整えることを目的とした場合は自費診療となりますが、噛み合わせのトラブルを解消することが目的の場合は、保険適用で受けられる可能性があります。実際に保険適用になるかどうかは、歯医者で診察を受けなければわかりません。

医療費控除を活用する

保険適用の矯正治療の場合は、医療費控除の適用となります。1月1日~12月31日の間に10万円以上の医療費を支払っている場合は、10万円を超える部分の医療費が所得から控除されます。所得が控除されれば所得税が安くなるため、源泉徴収によって支払いすぎていた税金が年末調整で還付されるのです。
また、治療費だけではなく、通院のためのタクシー代なども控除対象となります。ただし、公共交通機関での通院が難しいことが認められた場合に限ります。

デンタルローンを活用する

治療費が安くなるわけではありませんが、デンタルローンを利用することで一時的に多額の費用を負担することを免れられます。月々に分割して支払えるため、無理なく矯正治療を受けられます。ただし、表側矯正でも10万~150万円と多額なため、他にローンを組んでいる場合は、経済的に厳しくなる可能性があります。
また、金利が低い銀行ではなく、金利が高めの信販会社やカード会社のローンを利用するケースも多く、総費用の面では損をします。

shika-yamaguchi.com

カテゴリー: 心療内科の知識