歯ブラシの選び方はこうやって決める

むし歯予防or歯周病予防を考える

毎日の歯磨きはセルフケアの基本です。毎日かかさずにブラッシングを行うことによって歯の表面に付着した歯垢(プラーク)や食べかすをとりのぞくことができ、歯を清潔に保つことでむし歯予防や歯周病の予防につながります。歯磨きをするときには歯ブラシを目的別で選ぶことをおすすめします。目的別とは、むし歯予防のための歯ブラシか歯周病予防のための歯ブラシかをあらかじめ自分で決めておく、ということです。
むし歯予防の歯磨きは基本的にどのようなものでもかまいませんが、大切なのは歯の汚れをしっかりと落とせるかどうか、という点にあります。オススメはヘッドが小さく厚みも薄い歯ブラシです。ヘッドが大きい歯ブラシはたしかに一度に歯を磨ける面積が広いのですが、小回りが利きません。ヘッドが小さければ小回りが利くため、磨きにくい奥歯の周辺もきちんとブラッシングできます。

歯周病予防の歯ブラシってどんなもの?

歯周病予防のための歯ブラシは各社からさまざまな製品が販売されていますが、特に歯周病予防とうたっていなくてもしっかりと歯の汚れを落とすことができるのであればどのような製品を選んでもOKです。ただし、歯周病の予防は歯と歯ぐきのあいだの溝である歯周ポケットの中の汚れを落とせるかどうかが重要なポイントになってきます。
歯周ポケットの溝の幅は人それぞれですが、溝の中の汚れを落とすには歯周病予防のために開発された毛先が細くなっている歯ブラシを使うのが効果的です。歯ブラシの毛先が細く加工され、なおかつ、毛足はストレートでコシのあるものを選ぶことをおすすめします。細くなった毛先が歯周ポケットの溝に良く入り、中の汚れを落としやすくなるからです。

厚木のたんぽぽ歯科医院は有名な歯医者です

歯周ポケットを磨くときの注意点

歯周病予防の歯ブラシを使うときは、いくつかのポイントに気をつけながらブラッシングをすることで効果的・効率的に歯周ポケットの中の汚れを落とすことができます。歯周ポケットを磨くときには歯ブラシの毛先を斜め45度の角度にして歯と歯ぐきの境目にあてるようにして、ブラッシングを行いましょう。斜め45度の角度にすることで歯ブラシの毛先が自然と歯周ポケットの中に入りやすくなり、中の汚れを落としやすくなります。
歯周ポケットの中の汚れは自分自身で行うブラッシングだけではすべてをとりのぞくことはできません。このため、毎日の歯磨きはかかさずに行うとともに、定期的に歯科医院に通い、検診と歯のクリーニングをしてもらうことをおすすめします。

カテゴリー: 心療内科の知識