歯医者が力を入れる、患者の痛みを軽減する取り組み

痛みを軽減する麻酔技術の進歩

歯医者さんといえば痛い、怖いといったイメージが一般的に多いですが、最近の歯医者さんの技術進歩はかなりのもので、痛みを軽減する取り組みもかなり先進的になっています。
歯を削る前に痛みをなくすための麻酔注射も、当然痛みがあるものですが、この麻酔の痛みも最近は軽減できるようになってきました。

例えば、最近の麻酔で使われる麻酔針は、かなり細くなっています。
細ければ細いほど麻酔の痛みは軽減されますので、この針の細さというのは、歯医者における痛みの軽減でかなり大きな役割を果たしていますね。
また、麻酔を電動注射器で行えるようになっていることも、最近の大きな技術進歩です。
麻酔液を一度に多量に体内に注射するのではなく、電動注射麻酔では一定量ずつ注射することができるようになり、これも痛みの軽減につながります。
このような麻酔技術の進歩に加え、多くの歯医者では、本麻酔の前にスプレー麻酔などのような予備麻酔を使っていますので、かなり痛みが少なくなっています。

レーザー治療で削る範囲を小さく

また、虫歯を削るのにしても、レーザーを使った治療で今までよりも削る範囲をより少なくし、痛みを少なく治療ができるようになってきました。
これは、痛みを単に軽減させるだけでなく、傷を小さくする、健康な組織を傷つけないようにするといった意味でも、非常に大きな技術進歩です。
ただし、すべての歯医者さんでレーザー治療ができるというわけではありませんし、症状などによって、レーザー治療が適さないと歯医者さんが判断することもあります。

井本歯科医院は高崎で頑張っている歯医者です

患者を心理的にリラックスさせることも大切

最後に、設備だけでなく、患者が痛みを感じにくくする大きな要素が、歯医者さんの環境です。
まずは心理的にリラックスできるよう、歯医者さんとの信頼関係を築くこと、怖さや不安をできるだけカウンセリングで取り除くことなどは、どこの歯医者さんでも心がけていることでしょう。
待合室や診療室の明るさ、BGMなどの工夫も、患者さんの痛みや不安の軽減に寄与します。
優れた歯医者さん、口コミでいい評価を得ている歯医者さんは、こういった部分でも評価されていることが多いです。
患者の話をしっかり聞いてくれる、患者の様子をよく見て、声をかけながら治療してくれるといった歯医者さんは、子どもはもちろん、大人の方からも安心感がありますね。
子どもが安心して通えるということは、大人にとっても通いやすい歯医者さんということでもあります。

カテゴリー: 心療内科の知識