歯医者で歯科健診を受けるべきか?

歯科健診とは?

口腔内の健康維持のために重要なものが歯科健診です。歯科健診を受けることによって、口の中の検査をしてもらい、そのあとは相談や予防、治療などを歯医者に行ってもらうことができます。歯科健診を受けることで、虫歯などが発覚することは多いです。
歯科健診ではレントゲン検査や歯周病ポケットの検査、虫歯の検査などが行われます。また、簡単に歯石の除去を行ったり、歯磨きの指導をしたりすることもあります。口の中のメンテナンスを全般的に行うためのよい機会となるのが歯科健診です。

歯科健診の重要性とは?

歯科健診は歯の疾患を見つけることができるとても重要な機会となります。歯の病気は基本的に自然治癒することはありません。虫歯や歯周病になってしまえば、しっかりと治療をしないとどんどん進行してしまいます。その結果、取り返しのつかないことになる場合が多いのです。歯周病が進行して歯の骨が溶けてしまうことがあります。あるいは虫歯によって歯に大きな穴があくこともあるのです。これらは自然に治すことができず、治療したとしても歯の寿命はかなり短くなります。いつまでも健康的な歯を維持するためには定期的に歯科健診を受けて、虫歯や歯周病が軽度の段階で治療することが大切です。

歯科健診の頻度について

歯医者に歯科健診を受けに行くのは、どれくらいの頻度にするべきか悩む人は多いです。よくいわれているのは、半年に1度は歯医者で口の中をチェックしてもらうべきということです。日本人の多くは未だに歯科健診を定期的に受けておらず、取り返しのつかない状態になってから歯医者へ行きます。そのため、どうしても半年に1度は面倒だという人でも、1年に1回は歯科健診を受けておくべきでしょう。そうすれば、歯が深刻な状態になるまえに対処できます。

歯科健診はどこで受けるべきか?

歯科健診をどこの歯医者で受けるべきかといえば、信頼できるかかりつけ医が一番です。ただし、どんな歯医者でもよいというわけではありません。歯医者の質にはかなり差があるため、技術が優れていて人間的にも信頼できる歯医者の在籍しているクリニックを探しましょう。また、かかりつけ医を決めることができたならば、同じ歯医者に通い続けることが大切です。そうすれば、歯科健診のときには、以前の検診のデータや画像をチェックすることができるため、虫歯や歯周病の進行や回復度合いなどを確かめられます。歯科健診を受けることで、歯の健康を守れるため、自分のかかりつけ医を作っておきましょう。

江東区・大島にて有名な歯医者と言えばコアシティ歯科クリニックです

カテゴリー: 心療内科の知識