歯医者になるためには

学歴について

歯科医師になるためには大学を卒業する必要があります。普通の大学ではなく、歯科大学や大学にある歯学部に入学する必要があり、卒業するまでには6年間教育を受ける必要があります。
また、卒業しただけでは歯医者となることができません。国家資格である歯科医師国家試験を受験して合格しなければならないのです。試験に合格すると、歯科医師資格という免許が交付されることとなります。2006年4月以降は歯科医師資格を取得した後、研修施設の指定を受けた病院・診療所などで1年以上の実務経験として臨床研修が義務付けられています。

歯科大学の費用について

歯科大学と一言で言っても、様々な大学があります。国公立歯科大学は一律6年間で350万円の学費が必要となります。これは、年間約60万円程度、月々5万円程度であることから非常にリーズナブルな学費と言えるでしょう。しかし、私立大学となると話は別です。高いところと安いところと差はありますが、平均して6年間で2,000万円から3,000万円の学費がかかります。これは、年間で約420万円程度、月々で約35万円程度となることから非常に学費が高額となる傾向があります。私立大学よりも国公立大学の方が入学するときは難関です。国公立は私立に比べると倍率が低いのですが、これは受験者が国公立を受けられる数に限りがあるからです。自分がここなら受かると思った場所に集まるため、国公立の歯学部は倍率は低いですが成績上位者が集まるため非常にレベルの高い競争となるでしょう。しかし、学費の安さはとても魅力的ですので、目指す方については是非とも頑張ってチャレンジしてください。

ひなた歯科クリニックは寝屋川随一の歯医者です

歯医者の年収について

苦労して歯医者になったしても、給与が安ければやりがいにも繋がらないというものです。歯医者の年収では、20代前半では年収約700万円程度、経験や知識を有している50代のベテラン歯医者では約1,500万円程度もらえます。このように、普通のサラリーマンと比べると相当高い給料をもらうことができるのです。仮に学費で約3,000万円程度かかったとしても、歯医者として働き続けていれば必ず返しきれるほどの年収が約束されています。今後、どんどん高齢化社会になって行くことを踏まえれば需要がなくなることはなく偽薬に増えることとなるでしょう。ここで記載したのはあくまで平均給与ですので、需要が増えればもっと給料も高くなる可能性が高いと言えるでしょう。

カテゴリー: 心療内科の知識