歯周病について ~全身の病気へつながることも~

歯周病の恐ろしさ

よくテレビCMなどで歯周病予防といった言葉を耳にすると思いますが、歯周病について深く考えているという方はあまり多くないのではないでしょうか。
歯周病とは、具体的に言うと「細菌への感染により引き起こされる口内の炎症」のことです。症状として「歯のぐらつき」「歯磨き中の出血」「歯のかゆみ」「歯肉がゆるくなる」「歯の間に隙間があく」「歯肉が下がって歯の露出が増える」などがおこります。
歯周病になる主な原因としては、歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊が溜まっていることがよく上げられますが、その他にもストレスや喫煙、やわらかいものや甘いものを食べ過ぎる食習慣などが原因になることもあります。
これを治療しないでいると、細菌が体内へ侵入することで全身疾患へと繋がる可能性があります。

歯周病細菌が関係するさまざまな全身疾患

歯周病細菌が気道に入ることによって「誤嚥性肺炎(ごえいんせいはいえん)」になる可能性があります。これは食べ物を飲み込む機能が低下する高齢者によくおこる症状で、日本では最も多い死亡原因の一つです。
また、「心筋梗塞」「脳梗塞」の原因となる動脈硬化についても関係が指摘されています。歯周病菌が血管内を刺激することによって粘り気のある脂肪性の塊をつくりだし、それが剥がれることで血管を詰まらせてしまうなどの問題がおこります。
その他にも、歯周病細菌が関連する疾患として「糖尿病・肥満」「早産・低体重児出産」「心疾患」「骨粗しょう症」などの症状があげられています。関連性についてはまだ研究段階であるものも多いですが、患者の血液から歯周病細菌が検出されていたり、歯周病治療によって症状の改善がみられたりしています。

堀内歯科は葛城市随一の歯医者です

歯周病を予防する方法

まず、歯垢除去に効果的な正しい歯磨きを行うことが重要です。歯垢は歯や歯茎の隙間に溜まっており、歯ブラシの毛先があたっていなければ取れません。適切な道具を使うことの他にも、歯科医院で歯磨きの方法を指導してもらうと良いでしょう。
残ったままになっている歯垢は時間が経つにつれて固くなり、歯石へと変化します。そうなった場合は歯垢・歯石除去の処置を受けます。すでに神経へ菌が入り込んでいる場合もあるため、治療を受けることで徹底的に除去することが重要です。
口内はもちろん、全身の健康のためにも、歯周病対策のやり方について歯科医に相談しましょう。

カテゴリー: 心療内科の知識