歯周病は全身の健康を悪化させかねない病気

歯周病は生活習慣病とも関係

歯周病は歯茎が歯周病菌によって弱くなり、歯を支えられなくなるというのが一番大きな症状です。
しかし、歯周病の影響は歯や口腔内だけでとどまるものではなく、歯の健康以外にも悪影響を及ぼします。
特に影響が大きいのは生活習慣病ですので、特に中高年で生活習慣病のリスクが上がっている方は注意が必要です。
当然、歯周病も年齢が高い方ほどリスクが高い病気ですから、年をとってきたら歯周病のケアはしっかり行っておきたいですね。
歯周病が生活習慣病に悪影響を及ぼす大きな原因が、歯周病菌などによる悪影響で、血管の動脈硬化や血流の悪化といった症状が起きてしまうことです。
血管が悪くなってしまうということは、心臓病や脳梗塞のリスクを大きく上げることにつながります。
また、糖尿病と歯周病も、最近の研究で相関関係があるという報告が出されています。

血圧の高い方は特に要注意

歯周病は糖尿病や心臓病といった生活習慣病に関係しているので、もともと血圧が高く、生活習慣病予備軍である方、生活習慣病と診断されている方は特に要注意です。
血圧が高く、血流の流れが悪いということは、歯周病のリスク自体も上げてしまいます。
歯茎周りの血流が悪くなるため、歯茎を正常な状態に保つことが難しくなってしまうためですね。
歯茎の健康を気遣うことはもちろん、高血圧はあらゆる病気のもととなりますので、生活や運動、食事、睡眠など総合的に見直して、血圧が高くならないようケアしていくことが大切です。

yasuhiro-dental.jp

もちろんストレスや食事への影響も

もちろん、歯周病は直接病原菌、毒素が生活習慣病に悪影響を及ぼすだけではありません。
歯周病による腫れや痛みといったことは、ストレス因子となってしまいます。
当然、歯の状態が悪いということで、食事にも悪影響が出てきます。
歯周病で歯が弱くなってしまうと、当然硬いものを食べるのに抵抗を感じてくるのが心配の種ですね。
硬い食べ物の代表格はやはり肉ですが、肉は貴重なたんぱく質の摂取源であり、肉を食べなくなるということは健康リスクにもつながります。
栄養の偏りが、さらに生活習慣病などを引き起こす可能性も否定できません。
いろいろなリスクを考慮すると、歯周病という病気がかなり深刻な健康被害をもたらす病気であることが改めてわかります。
歯磨きの際は、しっかり歯垢を落とすことはもちろん、歯茎の状態は日々チェックし、マウスウォッシュなども使ってケアをしていきたいですね。

カテゴリー: 心療内科の知識