歯科治療で滅菌が必要なのはなぜ?

感染症対策を行う必要があります

たくさんの患者さんの診察・治療を行う歯科医療においては、さまざまなトラブルに備えて感染症の対策を万全にとっておく必要があります。歯科医療で行う感染症対策としては、器具の滅菌を第一項目として挙げることができます。器具を滅菌する理由は、もし、感染症にかかっている患者さんを治療したあと、十分な感染症対策が取られていない場合には治療器具を介してそれ以降のほかの患者さんに感染症がうつるおそれがあるからです。このため、歯科治療の現場では治療に使う治療器具はもちろん、感染の可能性があるすべての器具に対してしっかりと滅菌処理を行わなければいけません。

もし滅菌をしなかったらどんな感染症が発生する?

現在、日本の歯科医院では滅菌処理を徹底しているところが多く、感染症は以前の時代と比べて減少しつつあります。しかし、今でも滅菌処理が不十分なため、感染症がひきおこされる事例が少しではあるものの、発生しています。歯科治療で用いる治療器具を滅菌しなかった場合、歯を削るタービンやコントラなどの器具を介してうつるおそれがある感染症には「HIV(エイズ)」「MRSA(耐性を持つ黄色ブドウ球菌によって発症する院内感染)」「A、B、C型それぞれの肝炎」などがあります。これらの感染症は歯科治療で使用するタービンやコントラなどの器具の滅菌が不十分な場合にひきおこされる可能性があります。

bunkyo-dental.com

歯科治療は滅菌をしっかり行っているクリニックを選びましょう

歯科治療では虫歯を削るタービンやコントラをはじめ、痛みをやわらげるために使う麻酔注射や3WAYシリンジなど、さまざまな治療器具を使用します。これらの治療器具は使い捨てのディスポーザブルのものでない場合、感染症を防ぐために滅菌処理を徹底的に行う必要があります。もし、歯科治療を受ける場合には事前に歯科医院のホームページをチェックし、そのクリニックがどのような滅菌処理を行っているのかを確認した上で、滅菌処理をきちんと実施している歯科医院を選ぶようにしましょう。受診を検討している歯科医院がホームページを持っておらず、滅菌処理の実施を確認できない場合は電話もしくはメールで直接、滅菌処理について尋ねてみてください。滅菌処理は歯科治療に限らず医療の現場ではかかせない処理のひとつです。受診前にはこれからご自身が治療を受ける予定の医療機関の衛生管理状況についてしっかりと見極めておくようにしましょう。

カテゴリー: 心療内科の知識