深夜に激痛が起きたときに考えられる原因と応急処置

神経に達した虫歯

虫歯が神経に達すると、強い痛みが発生します。初期の虫歯は、歯の表面のエナメル質に留まっており、その状態では痛みを感じません。進行すると、歯を形作る象牙質が虫歯に侵され、やがて神経に達するのです。神経が侵されると、激しい痛みが起こるため、虫歯を放置しないことが大切です。
虫歯による激痛は、ぬるま湯で口をゆすぎ、虫歯の周りを清潔に保つことで対処できます。ただ、これだけでは強い痛みが治まらないため、痛み止めを飲むようにしましょう。ロキソニンやボルタレンなどがおすすめです。他の痛みにも使えるため、ストックしておいてもいいでしょう。

知覚過敏

知覚過敏と言えば、軽くしみる程度といったイメージを持つ方もいるでしょう。原因は、歯茎の退縮によって歯の根元が露出し、神経に刺激が伝わるようになることです。また、歯の付け根がすり減ることも原因の1つです。このように、結局のところは神経に刺激が伝わって痛みが起こるため、場合によっては激痛に悩まされるようになります。
常温かぬるま湯で口をゆすいで、知覚過敏を抑える歯磨き粉でブラッシングしましょう。重症の場合は、歯科医院で神経の治療が必要です。

場合によっては救急を受診する

深夜に激痛に襲われた場合は、翌朝に歯科医院を受診しましょう。しかし、痛み止めを飲んだり、他の対処法を試したりしても痛みが和らがない場合は、救急の受診を検討してください。救急は、各都道府県に設置されていますが、場合によっては歯科に対応していません。歯科に対応した救急があるか調べてみましょう。「歯科 救急」で検索すると、近場の救急外来が表示されます。

上石神井くろだデンタルクリニックは上石神井で随一の歯医者です

治療を受けなければ痛みが続く

激痛が起こるような症例は限られており、いずれも治療を受けなければ改善が期待できません。痛み止めで一時的に痛みを和らげても、痛みの原因を解消するまでは、再び痛みだすでしょう。激痛の主な原因である虫歯は、神経にまで達すると根管治療が必要になります。
歯の神経を取り除き、根管をきれいにして薬を詰めます。このような治療で痛みは改善しますが、神経を失った歯は脆くなるため、将来的に失われるリスクが高まるのです。
できれば、激痛が起こるような事態になる前に歯科医院で虫歯や知覚過敏の治療を受けましょう。そのために、定期的に歯科医院で検診を受け、歯のクリーニングで虫歯や歯周病、知覚過敏を予防することが大切です。

カテゴリー: 心療内科の知識