産婦人科はどんな所か

産婦人科とは

女性の子宮、卵管など生殖器における症状を治療する所が産婦人科です。
昨今、女性のトータルヘルスケアへ移行する動きがあります。
月経前症候群や更年期障害はメンタルも関連しています。
膣や外陰部含め生殖器だけでなく、そのケアも非常に大切です。

産科と婦人科

産婦人科は産科と婦人科に分かれ、前者は妊娠出産、産後の症状、後者は生殖器にできる子宮筋腫や子宮頸癌など腫瘍、性感染症などを治療します。
更年期障害、生理不順、不妊なども診てくれるでしょう。
帝王切開、子宮癌の手術など
産科の医師は帝王切開、流産の手術、その傷の手術を行い、婦人科の医師は子宮筋腫や卵巣腫瘍など良性の症状、子宮癌の手術を行います。
不妊症や避妊の手術扱います。

開業医院について

個人の開業医院の場合では妊娠出産がメインです。
妊婦健診している所といない所があります。
中には不妊専門の医院もあります。

どんな症状

生理以外の出血が見られる、生理痛がひどい、生理がこないなどの患者さんは産婦人科で受診してください。
癌検診を受けたい、生理前に生じるイライラを何とかしたいといった人も該当します。

腹痛

お腹が痛い原因に下痢をともなう急性腸炎などもありますが、子宮外妊娠、流産、卵巣腫瘍もありますから、思い当たることがあるという人は産婦人科に行ってください。
子宮から離れた胃の周辺がひどく痛むことがあります。
クラミジアという性病がその原因かもしれません。
それが気になる人も 産婦人科に行きましょう。

医学史における産婦人科

出産を扱う助産部門と外科部門が合わさって産婦人科になりました。
その複雑な生理と病理をなかなか解明できなかったため、体系化は遅れてしまいました。
ですが、昨今は体外受精による不妊症の治療、遺伝子による先天的な異常の予防など進歩が目覚ましいです。
検診また特殊検査の方法も日進月歩です。

特有の内診

産婦人科特有の内診は専任の看護師が担当します。
指や器具を用いて子宮や卵管、卵巣の大きさや固さ、異常がないか、その看護師が調べます。
腟、子宮腟に出血やただれがないかもていねいにチェックしてくれるでしょう。
羞恥感や恐怖をおぼえる患者さんが多いかもしれませんが、患者の顔を何かでさえぎるなど羞恥を取り除く配慮がされますし、それほど気にすることはありません。

腟鏡診

腟の口を腟鏡で開いて、腟や子宮腟部をただれを見る検診があります。
必要に応じて色々な特殊検査も行われます。

日本医科大学付属病院 女性診療科・産科は千駄木の名門です

カテゴリー: 心療内科の知識