眼球全般

近視・遠視・乱視について

はじめに、目は小型カメラに似ている。
パーツは細かな構成で光学的です。
レンズは、前方にある角膜と水晶体にあたる。
光を感ずる神経が後方にある。
膜-網膜に焦点を合わせる。
そうすることで、ものが見える仕組みになっています。
さらに水晶体の周りに小さな筋肉がついてる。
水晶体の厚みを変えて焦点調節を行います。
この働きを調節力といいます。
これを働かせない状態にする。
水晶体が最も薄い。
光が遠方から来るのを平行光線と呼ぶ。
網膜にぴったり焦点を結ぶのを正視眼といいます。
それに調節力を使う。
遠方から近方まではっきり見れます。

目が悪い状態

一方、焦点が網膜の前方または後方にずれたとする。
目をそれぞれ近視眼または遠視眼と呼びます。
どちらの場合も焦点が網膜に合わない。
像がぼやけて見える。
ものをはっきり見るためするのがある。
前に補正レンズを置く必要があります。
その代表が眼鏡やコンタクトレンズです。
近年、レーザー光線によって角膜の屈折力を変えた。
屈折矯正手術も実施されています。

https://www.omoto-ganka.jp/

正視眼について

近視の調節力を働かせない。
平行光線が網膜より前に焦点を結んでしまう状態である。
遠くを見るとき、像がぼやけて見えます。
近くを見るときに光りが広がる。
目に入る。
焦点は網膜に近づく。
眼鏡なしでもはっきり見える。
凹レンズで矯正します。
遠視の調節力を働かせない。
平行光線が網膜より後に焦点を結んでしまう状態である。
近視と異なる。
遠くも近くもはっきりと見れない。
ただし強い調節力の小児期がある。
調節力を最大限に働かせる。
焦点を網膜に合わせるのをできます。
このため視力に異常が見れない。
その場合も少なくありません。
凸レンズで矯正します。
乱視の主な原因がある。
角膜や水晶体の歪みによるものです。
もし目がレンズで理想的なのを持つとする。
理論上乱視は生じません。
しかし実際には、大なり小なり歪むのである。
それが普通である。
そうすると焦点は1箇所に集まらない。
像がぼけて見える。
部分の乱視は補正レンズでほとんど矯正できる。
角膜の病気などが原因で起こる。
不正な乱視がある。
完全に矯正することは困難です。
全般に言われるのは
視器と視覚の機能、構造を研究する。
維持する性能。
病気の予防と治療。
老化対策を開発する。
医学の一部門である。
人類に大きく貢献した。
一例として、めがねの開発があげられる。
疾患の治療・予防などを研究した。
臨床の分野である。
眼科学は視器に関する。
分野は、生理、病理、治療、予防、解剖などを取り扱う。

カテゴリー: 心療内科の知識