精密な歯科治療にかかせないCTとは?

対象となるものを立体的に撮影します

CTとは、日本語で訳すと「コンピューター断層撮影(Computed Tomography)」と表現され、対象となるものを立体的、3次元(3D)に写しだせる特徴をもっています。断層撮影と呼ばれているとおり、CTではまるでものを輪切りにしたかのような立体的な画像を撮影できます。現在、CTは日本国内の歯科医院や多くの歯科医療機関に導入されてきており、CTを使った歯科治療を進めているところも少なくありません。従来の歯科医療で利用されていたレントゲン(パノラマレントゲン、デンタルレントゲン)が平面的な2次元(2D)の画像しか写しだせないのに対し、3次元の立体的な画像を詳細に写しだせるCTは虫歯治療や根管治療などの歯内治療をはじめ、親知らずの抜歯やインプラント治療など、歯科医療の現場で幅広く活用されています。

CT画像を撮ることのメリット

CTは対象となるものを立体的に撮影できる、という特性上、歯科治療においては多くの現場で精密治療に役立っています。たとえば、フィクスチャーというネジのようなインプラント体を埋め込むインプラント治療では手術前にCT撮影を行い、患者さんのあごの骨の状態やあごの骨の中を走っている神経や血管を確認します。CT画像によって神経や血管の走り方を立体的に確認することで手術中に神経を傷つけたり血管を損傷して大きな出血がおきるなどのトラブルを避けやすくなります。また、親知らずの抜歯においても処置を行う前にCT画像を撮影しておくことでインプラントのときと同様にあごの骨の形状や神経、血管の位置を立体的な情報で確認できます。ほかにも、虫歯が歯の根っこにおよんだ場合に行う根管治療では根管内部にしっかり薬剤が充填されているかどうかをCT画像で立体的に確認することにより、見落としが発生するリスクを下げることができます。

takanna.jp

CTのデメリット

従来のレントゲンとは異なり、立体的に対象物を確認できるCTですが、デメリットも存在しています。CTのデメリットとは、レントゲンと比べて撮影時に被ばくする放射線量が増えてしまう、という点です。パノラマレントゲンが0.03から0.04ミリシーベルト、デンタルレントゲンが0.01から0.02程度の被ばく量に対し、CT撮影ではおよそ0.1ミリシーベルトの放射線を被ばくします。しかし、日本人が1年間に浴びる放射線量が平均で約1.5ミリシーベルトのため、CTの撮影で健康に影響がでることはありません。

カテゴリー: 心療内科の知識