腰痛の症状と治療法は?

腰痛の症状

腰痛は、加齢とともに発生しやすくなります。筋肉の硬さが原因と言われていて、硬くなっている部分を無理に動かそうとすることで発生します。前屈をすると痛い腰痛は、猫背気味の人や、前かがみでデスクワークをしている人に起こりやすいです。

椎間板が圧迫され痛みが出ています。腰を反らすと痛みが出る場合は、腰と背中が痛くなることが多いです。この場合は、椎間関節の衰えも関係しています。反り腰の人は、このような症状が出やすくなります。筋肉を使いすぎることで腰痛になる場合もあります。仕事で重たい荷物を運ぶことが多い人や、長時間同じ姿勢で過ごすことが多い人は、筋肉や筋膜にストレスがかかり、疲労感を感じやすくなります。筋肉を使いすぎている状態になり、腰痛が起こります。腰だけでなくお尻周辺も痛いという腰痛もあります。この症状は特に、出産後の女性に多いとされています。このように腰痛といっても、痛みのでかたはそれぞれ異なるため、どのような姿勢になると痛いのかご自身で確認しておく必要があるでしょう。

腰痛の治療方法は

腰痛を治療する方法は、薬物療法や温熱療法、注射などがあります。薬物療法は、痛み止めや湿布薬などを使う方法です。炎症を抑えるお薬を使うほか、筋肉の緊張を取ってくれるお薬が使われることもあります。温熱療法では、患部の血行を促進させます。血流をよくすることで痛みを取り除いていくという治療です。注射は、神経ブロック注射と呼ばれていて、痛みを感じにくくする効果が期待できます。注射による治療は、動けないくらい痛みがある場合に行われることが多いです。腰痛になった場合、応急処置として痛み止めを飲んだり、湿布を使い自分で対処することも可能ですが、痛みが長引く場合や、痛みがひどい場合は、病院を受診してください。

jiritsushinkei-toyoda.com

接骨院での腰痛治療

接骨院でも、腰痛の治療を受けることができます。接骨院での腰痛治療では、電気を使って患部の筋肉のコリをほぐしたり、電気で温めて血行を促進させる、マッサージを行い、可動域を調整していく、ストレッチを行うといった方法があります。賞状によっては、鍼を用いて患部の痛みを緩和させる方法も取り入れます。接骨院の場合、痛みを取るということもできますが、腰痛を予防するために通うのもおすすめです。腰痛が頻繁に起こるような人は、接骨院で整体マッサージなどを受けることで、腰痛になりにくい状態に身体を整えましょう。

カテゴリー: 健康の知識