薬やサプリに頼りすぎない鍼灸治療

鍼灸の原理と使い方

これから肩こりや腰痛を鍼灸で治していこうと考えている人は、まず何よりも医師の言うことに従わなければいけません。
素人が自分で思いついたことを実行したり、逆に言われたことをしなかったりするとトラブルのもととなります。
鍼灸は不思議な力で治していくというたぐいのものではなく、れっきとした医学に基づいた治療です。
筋肉を刺激し、それによって血行を促進させ、患者の治癒力を高めるという原理になっています。
適切な鍼の使い方をしなければ、感染症などになる可能性があることは、よく知っておくべきです。

マッサージとの違いについて

肩こりや腰痛といった症状は筋肉が固まってしまうために起こり、それを防ぐにはその筋肉をほぐさなければいけません。
マッサージなどを受ける、そしてしっかりと入浴をし、それからストレッチをするというのもとても効果的で、確実な治療といえます。
しかし、筋肉はかなり深いところまでこってしまうことが多く、それによってかなり痛みが長続きする傾向にあるのです。
そういった場合に用いられるのが鍼灸治療ですが、これはマッサージで効果がないときにはかなり深く鍼をいれます。
そのため普通の鍼灸治療の感覚で行うとトラブルのもとになるので、医師から指導されたことはしっかり守りましょう。

使用する鍼は非常に細い

体に鍼をさすということで忌避感を持つ人は多く、それはある意味で当たり前であるといえます。
特に痛みがあるのではないかと不安になる人はかなりの数に上りますが、実際には痛みを感じることはないでしょう。
使用される鍼は髪の毛よりも細く、痛感神経の間をすり抜けて筋肉に刺さります。
そのため物理的にも、生物的にも痛みを感じることはあり得ないといえるので、安心して施術を受けましょう。

http://www.matida-shinkyu.com/

おさまらない症状にうってつけ

年を取るとけがや病気が長期化するものですが、これは体の自然治癒力が衰えていることが理由です。
とはいってもなくなってしまったわけではないので、鍼灸で刺激を与えることで簡単に自然治癒力は活発化するでしょう。
鍼灸は薬やサプリを使い続けなくてもいいため、意外なほど体に負荷がかからない治療方法です。
うまく利用することで薬代などを大幅に削減することができるので、効果があるというだけでなく、経済的にもお得な治療といえます。
鍼灸は数多くの実績があるため、どこの地域でもやっている所があるので、体の不調があるなら早めに行ってみるといいでしょう。

カテゴリー: 心療内科の知識