金属不使用。メタルフリー治療とは

金属アレルギーをひきおこす歯科用金属

日本の歯科医療の現場では、虫歯を削った箇所に詰める詰め物やかぶせ物の素材として金銀パラジウム合金が一般的に使われています。金銀パラジウム合金とは一般的には銀歯と呼ばれる素材で、金、銀、パラジウム、インジウム、銅、といった各種の金属をミックスして作られています。銀歯、という名前がつけられているのに金などのほかの金属が混ぜられているのに驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、今では歯科治療で使われることは少なくなりましたが、かつて、日本では昭和の時代を中心にアマルガム、という金属を詰め物として使用していた時期がありました。アマルガムは水銀を中心に銅や亜鉛、銀アマルガムの場合は銀や錫などの金属が混ぜられており、やわらかい性質を持つため歯科用の詰め物として用いられていたのです。しかし、これらの銀歯やアマルガムは使用しているうちに詰め物やかぶせ物から金属イオンが溶けだしてしまい、金属アレルギーを発症するおそれがあることが判明しています。金属アレルギーを発症すると口内炎や口角炎、舌炎などの口のまわりに炎症がおきるほか、円形脱毛症やアトピー性皮膚炎、さらには頭痛や肩こりなどの全身性の症状や病気のひきがねになると言われています。

非金属素材で金属アレルギーを防ぐ

銀歯やアマルガムなどの歯科用金属が原因で金属アレルギーを発症するケースでは、すべての素材が陶器でできているオールセラミックや、プラスチック樹脂製のレジンインレー、硬質レジンジャケット冠、ハイブリッドセラミックレジン冠などの非金属素材の詰め物やかぶせ物に替えることで金属アレルギーの発症を防ぐことができます。これらの素材は金属をいっさい使用しておらず金属アレルギーの発症を防げるほか、銀歯やアマルガムと異なりギラギラ光ることもありません。また、白い色をしているため、見た目の良さもメリットもひとつです。(プラスチック樹脂のレジンは浮き上がっているような不自然な白さになります)

下高井戸で歯科医院をお探しの方へおしらせです

メタルフリー治療で健康的な身体を保つ

もし現在、口内炎や全身性の皮膚炎等の金属アレルギーの症状でお悩みがある方や金属アレルギーと思われる症状がではじめている方、または金属アレルギーを発症するリスクをできるだけ避けたい方など、詰め物やかぶせ物のことでご心配があるときはメタルフリー治療を受け、非金属素材の詰め物やかぶせ物に替えることをおすすめします。

カテゴリー: 心療内科の知識