銀歯やセラミックの歯より、金歯を使うことをおすすめする人とは?

歯が欠けてしまったことのある方は金歯をおすすめします

銀歯やセラミック製の歯が欠けてしまったことのある方は、噛みあわせの力の強さと歯の材質が合っていないことが考えられるため、金歯がおすすめです。特に一番奥にある歯、さらに下の歯は非常に強い圧力が加わるため、金歯を使用した方が良いでしょう。一度、歯が欠けてしまうと、噛みあわせの力が変わらない限りは何度も歯の欠けが続いてしまうため、金歯で治療されることをおすすめします。金歯は大変頑丈な素材で、強度が高いため安心です。
また、普段の食事で硬いものを食べることが好きな方、あごを鍛えるためにあえてよく硬いものを食べているといった方も、歯の被せ物の素材として、金歯を使用していた方が欠けにも強いため安全です。

就寝中、よく歯ぎしりをしてしまう方も金歯をおすすめします

歯ぎしりで悩んでいる方は案外大勢いらっしゃるものですが、歯ぎしりは知らず知らずのうちに歯を削っていってしまう厄介なものです。歯は普通に生活していても時間とともにごくわずかですが、すり減ってしまうものです。歯ぎしりはこの歯のすり減りを加速してしまうものであり、特にセラミック製の歯ではすり減りも激しく、場合によっては欠けてしまうこともあります。金歯も経年ですり減りはありますが、強度が高い材質なので、欠ける心配はほとんどないと言ってもよいでしょう。
ただし、金歯を使用しても、歯ぎしりがひどく、歯のすり減りや欠けが心配という方は、歯ぎしり用のマウスピースも市販されているので、こうした道具を用いて対処されるとよいでしょう。

北九州市で歯科にまつわる技工所をお探しの方へ

インプラントを考えていらっしゃる方には金歯をおすすめします

歯がなくなってしまった箇所の骨に、人工の歯根を入れて被せ物をする治療のことをインプラントと呼びます。歯には本来、衝撃や外的な圧から歯そのものを守ってくれるクッションの働きを持った膜がありますが、インプラントにはこうした膜がありません。なぜなら、骨とダイレクトにつながってしまっているため、クッション機能が備わっていないからです。そのため、噛んだ際の力がダイレクトに人工歯根を入れた被せ物に伝わってしまうため、割れてしまったり欠けてしまったりといったことが起こり得ます。インプラントの際の被せ物でも、高い強度を誇る金歯を使用した方が割れや欠けを防ぐことができるので、おすすめです。

カテゴリー: 心療内科の知識