関節や骨盤の矯正を施す整体師を仕事にする方法とは

整体師の仕事の内容とは

整体師の仕事は、主に人の関節や骨盤のゆがみなどを整えることを主体にし、手技や足技を利用して行います。
人の体を外側から物理的に矯正を行い、人の健康増進などに貢献する仕事です。
人間は日常動作の中でも体を動かす機会が多く、体が不自由になれば生活をすることができません。
体の不自由さは体にある関節を動かすことができない状態であったり、関節を動かすと痛みなどを生じてしまう症状などがあります。
他にも疲れが取れない、冷え性がきつい、筋肉痛によくなったり筋肉疲労が存在するなども該当します。
そういった日常動作が不都合な状態を解消して、健康的な生活を送ることができるようにすることを目的にします。
実際に整体師は様々な地域の街角などで、個人宅をリフォームなどして開院しているケースが多いです。

整体師になるための資格が存在するか?

整体師になるためには、特に必要となる資格はありませんが、整体に関しての知識やスキルを持っていることが重要になるため、そういった資格があるとアピールすることができます。
資格には「国家資格」と「民間資格」の二つに大別され、「国家資格」で有名なのは「柔道整復師」と「あん摩マッサージ指圧師」の二つの資格です。
一方、民間資格には「柔道整復師」と「あん摩マッサージ指圧師」以外の整体に関する資格が存在し、民間団体が資格の証明書を発行する母体になります。
なお民間資格と国家資格の違いについて疑問が生じることもありますが、その大きな違いには資格取得の難易度、政府が認めた学校に通うこと、施術で保険適用を受けるかどうかの違いが主です。
付随的なものとしては、政府が認めた学校に通う必要がある国家資格では高い学費がかかる点もあります。
民間資格の場合だと通信教育などで受講すれば取得できるケースが多くなり、学費もそれほどかからず難易度も高くない特徴が見られます。

整体師を仕事にする上で必要なこととは?

整体師の仕事では、体に関しての悩みを持つ患者さんにそれを解消させるようなメリットを与えることが重要になります。
例えば関節を動かすのに苦労していたのにスムーズに動くようになった、他にも嫌な関節の痛みがあったのが和らいだ、解消したなどの点です。
こうした事実があれば評判になるため、評判になったネットワークで患者さんが増えていき、本格的な仕事に繋がっていくこともあります。
近年はネットの普及とともに評判の整体院は各地より患者さんが駆けつけるほどになり、商売として繁盛することも多いです。
商売の側面もあるかもしれませんが、人が多ければ多いほど利他の姿勢を貫くことで多くの仕事が舞い込んできます。
最初はメジャーな整体院で修行して一人前になった地域を分けてのれん分けをする形態も見られます。

松山市で整体を受けたい方に朗報です

カテゴリー: 心療内科の知識