歯医者さんで歯のクリーニング

だいたい3カ月に一度、富士市の歯医者さんへ歯のクリーニングに通っています。その時に虫歯があれば治療となり、それが長年の習慣となっています。虫歯も早期発見で治療が出来ますし、ピカピカに磨いてくれるのでとても助かっています。その時に教わったのは、フロスの大切さです。歯間ブラシや糸ようじでもいいらしいのですが、私はフロスを愛用しています。歯と歯の間を毎日フロスで掃除する大切さはあまり小さい頃に教わってきませんでしたし、やってみると毎日たくさんの食べかすが出てくるので「前からちゃんとやっていればよかった」と当時は後悔したものです。あとは富士市の歯医者で聞いたのですが、歯磨きは歯ではなく歯と歯茎の間を重点的に磨くというのも新情報でした。

それからは言われた通り掻き出すようにブラッシングするように意識しています。ついつい力が入ってしまう癖があり、ハブラシは柔らかめをしようしています。虫歯を多く経験し、痛い思いをしたからこそこのようなアドバイスは身に染みています。

カテゴリー: 歯医者の知識