減ステロイド療法の蒲田の皮膚科

皮膚科
肌荒れが起こった時に、すぐ思いつくのは蒲田の皮膚科ですが、肌荒れに関する皮膚科の治療法にも、医師の方針によって処方される薬は様々です。一時的な肌荒れでよく処方されるのが「ステロイド」という副腎皮質ホルモンのお薬。これらは即効性があり、用量を守って使用すればほとんどの肌荒れは3日ほどでよくなります。

ステロイドは非常に効果的でうれしいお薬ですが、人体への影響も心配されています。皮膚科によっては、非ステロイド療法を推奨している病院があったりなど、同じ肌荒れであっても医師の方針によりステロイドを処方されないケースもあります。ステロイドは弱いものもあれば非常に強いものもあり5段階に分かれていますが、これまでステロイドを使用していなかった人が急に強いステロイドを使ったり、あるいはこれまでステロイドを使っていた人が急に使わなくなると、むしろ肌荒れが悪化してしまうことがあります。

そんな時におすすめなのが、減感療法を推奨する蒲田の皮膚科です。こういった病院では、突然ステロイドを止めることはなく、徐々に弱い薬と非ステロイド剤を混ぜて処方してくれるなど、なるべく体に負担のかからない薬の処方をしてもらえます。皮膚科を選ぶ際に、その皮膚科のホームページを見ると、病院の方針が記載されていますので、ぜひ訪問前にチェックしてみてください。

カテゴリー: 皮膚科の知識