整骨院と整形外科の違い

慢性の腰痛や肩こりに悩まされているという人は、非常に多いです。そのため、専門家のもとに通って何とかしたいと考える人は少なくありません。この時悩むのが、整骨院へ行くべきか整形外科に行くべきかということです。
一見するとどちらも似ていますが、その治療方法には大きな違いがあります。整形外科は医師が治療を行うため、レントゲンなどによる画像診断、痛み止めなどの注射、手術といった医療行為を行ないます。原因のわからない痛みなどを診てもらうには、整形外科が非常に適しています。しかし、整形外科での治療は痛みや症状を抑えるという対処療法が中心となります。

一方、日暮里の整骨院は、整形外科のような画像診断や痛み止めの注射を打つことはありません。日暮里の接骨院では、人間が本来もっている自然治癒力を高め、根本から不快な症状の改善を目指しています。同じ症状を訴えていても、個人個人まったく異なる治療を施すのが特徴です。そのため、整形外科では改善しない不快な症状が、整骨院で緩和されるという人も珍しくありません。

カテゴリー: 接骨院の知識