不妊治療を考える

不妊治療の多くは、予め女性から取り出す卵巣と男性の精子を試験管内で受精させ、女性の子宮に戻すという、所謂体外受精が用いられております。この手法でも勿論妊娠しますし多くの悩めるご夫婦にお子様が授かったと思います。
しかし、まだ確率が高いわけではなく課題はある技術かと思います。そこで、近年は顕微鏡で精子を選別し確実に受精させる顕微受精の普及が始まってます。精子の選別と聞くとイメージが悪いかも知れませんが、現在の科学で言われる良くない精子を使わず良い精子を使うということです。結果、体外受精より受精率が向上し特に女性への負担が軽減されるようになりました。

コスト面は圧倒的に顕微受精が高いですが、やはり女性への負担を考えると顕微受精のほうが良いかと思います。また、現在は地方自治体によりますが、補助金制度もありますので、ご自身の自治体へ確認される事をお勧め致します。体外受精も顕微受精も女性の負担はあります。不妊治療は男性がしっかりとサポートして、お互い頑張る必要があると思います。

カテゴリー: 不妊治療の知識