恥ずかしいと思うなら・・・

千葉市 肛門科
肛門科というと、大体は痔が悪くなると通うところといったイメージが強いようです。そのため、若い女性などは行きたくても行きにくい、恥ずかしいという人も多いと思います。私もかつて、一度だけ便秘から痔を悪くしてしまったことがあります。

一度傷がつくと出血しやすくなりますし、トイレでいきむのが怖くなります。決心して受診することにしたのですが、外科と肛門科が一緒になっている個人医院に行くことにしました。これだと、外科にかかっているのか、千葉市の肛門科にかかっているのか人からはわかりません。診察台に横になり先生に診てもらうのは恥ずかしいものですが、仕方ありません。

結果は少し悪くなっているとのことで、塗り薬をもらって帰りました。その後は食生活に気をつけて辛いものは食べない、トイレで力いっぱいいきまない、自然に任せるなど生活面で工夫を取り入れたので、何とか治りました。20代になってから、立ち仕事に就いてからはよく動くためか便秘知らずになりました。よって痔は再発していません。

我慢していたら、もっと悪くなっていたかもしれません。恥ずかしくても早めに千葉市の肛門科に行った方が治りも早いし悪化を防げます。

カテゴリー: 肛門科の知識