予防に力を入れているようです

わたしの通っている熊取町の歯医者でもそうですが、今どきの歯医者は、治療よりも予防に力を入れているようです。そして、半年に一度くらいの健診をすすめられます。そこで、治療すべきところがみつかれば、治療することになるのです。
わたしが子供の頃には、熊取町の歯医者とは、治療をするところでした。健診というのは、学校などでの健診で受けるのでした。また、おとなになってからも、若い頃は、歯医者は歯が痛くなった時に行くという感じでした。 それが今では、虫歯や歯周病の予防のために通うところになっています。健診の時には、正直いってドキドキします。そして、歯磨きについてもアドバイスをもらいます。磨き残しについても注意を受けます。

そういったことがあるので、毎日の歯磨きもしっかりとおこなうようになり、結果として、虫歯や歯周病の予防につながっているのだと思います。以前のように、痛くなっていから駆けこむこともなくなりました。熊取町の歯医者で歯の健康管理もしっかりできるようになったと思っています。

カテゴリー: 歯医者の知識