見た目も綺麗に整えられる

虫歯の治療を行った時、状態によっては神経をとる治療を受ける場合もあります。神経をとる状態では、虫歯菌も侵食していますので、歯も大きく削っていくことになり、その部分に詰め物を行うことになります。

詰め物を行うとき、銀などの金属を利用するのですが、歯医者では見た目やアレルギーを防ぐためにプラスチックやセラミックを使用した詰め物を行ってもらえますので、安心して治療を受けることができます。プラスチックの場合、金属とは違って見た目も他の歯と違和感なく揃えることができますし、保険で治療を受けられますので値段も抑えることができます。

特に、前歯に近い部分の虫歯治療には適しているのです。セラミックの場合には、値段が高くはなっていますが、歯の感じも天然歯と変わらず耐久性もありますので、ほかの歯との感じが気になるときに適しています。

西日暮里の歯医者に相談することで、金属以外の素材を使って治療を受けられますので、見た目が気になる方にも最適になります。

カテゴリー: 歯医者の知識