歯の検診でみつかる問題

私には虫歯はない、いまのところ。しかしながら、去年何度か歯医者に通っていた。きっかけは10年ぶりくらいに「そういえば歯医者にしばらく行っていないので、定期検診的なノリでいっちょ行ってみるか」という軽い気持ちで近くの歯医者に旦那と一緒に訪れた事だった。

旦那はと言うと奥歯はほとんど銀歯で、虫歯の治療はいまだに終わっていないらしいのだが、特に痛む訳でもないので長い間放置していたようだ。引っ越しをきっかけに「また治療を再開するか」と重い腰を上げた。自分の話に戻るが、私は虫歯はないだろうから特に通う事はないだろうと思っていたのだが、まったく別の問題が発覚した。

歯ぎしりにより歯が擦り減っているというのだ!このまま歯が擦り減って弱くなってしまうのでは?!という懸念から私はすぐさま近くの西焼津の歯科で「マウスピースの作成」という提案をのんだ。歯形をとり、何度かメンテナンスに通った。ようやく完成し、毎晩のように装着するようになった。今では歯医者に行くきっかけがあってよかったと思っている。

カテゴリー: 歯医者の知識