RSウイルスとは?

RSウイルスの症状は?

幼児の感染が多いとされているRSウイルスは、2歳までにほとんどの子どもが感染すると言われている感染症です。RSウイルスに感染すると、発熱や鼻水、咳などの症状が出ると言われています。

軽症の場合は、発熱や鼻水だけで済むこともありますが、重症化してしまうと、気管支炎や肺炎のリスクもあるため、注意しなければいけません。咳の症状が悪化したり、呼吸困難のような症状が出ている場合は、重症化の可能性があります。子どもの感染者が多いウイルスですが、大人が感染しないというわけではありません。大人もRSウイルスに感染するリスクはあります。高齢者の場合は、重症化するリスクもあるため、注意が必要です。RSウイルスの感染者が増加するのは、9月ごろから春先までです。

感染を予防する方法

RSウイルスは、感染を予防するために手洗いや消毒、マスクが有効とされています。感染ルートは、RSウイルスに感染している人のくしゃみや咳による飛沫や、ウイルスが付着したドアノブや手すりなどを触ることによる接触感染です。そのため、手洗いやこまめな消毒、マスクの着用で感染を防ぐことは可能です。RSウイルスは、一度感染したとしても、再び感染することはあります。

治療方法は?

RSウイルスに感染してしまった場合、特効薬はありません。そのため、症状をやわらげるために薬を飲んだり、安静にして過ごすということが必要です。解熱薬や痰を出しやすくするためのお薬などが処方されます。乳幼児は、自分で痰を出すことができないので、吸入するというようなことを行う場合もあります。重症化してしまった場合は、症状に合わせて酸素投与や点滴などを行う治療に変わります。

内科を飯能市内で探されている方へ朗報です

重症化しやすいお子様とは?

心臓や肺に疾患があるお子様や、未熟児で生まれたお子様の場合、RSウイルスに感染すると重症化してしまうリスクが高いと言われています。保育園や幼稚園でRSウイルスが流行していると分かった場合は、しっかりと感染予防策を取る必要があるでしょう。万が一感染してしまったかもしれないというような場合は、医療機関を受診して、適切な処置を受けるようにしましょう。早期に受診することで、重症化を防ぐことにも繋がります。高齢者の場合も、基礎疾患がある方は重症化するリスクが高いとされていますので、老人ホームやデイサービスセンターなどで流行している場合は、しっかり感染予防策を取る必要があります。

カテゴリー: 内科の知識