歯がなくなったらどうなるの?

歯がなくなったら?と聞かれて、昔だったら「入れ歯」と答えていただろう。しかし、最近の歯医者では、『インプラント』という治療法がある。土台となる歯根(歯茎に埋まっている歯の根元部分)がないと、人工の歯を固定することができないが、インプラントでは”ネジ”を埋め込み、顎を土台にする。
ネジが定着したら、そのネジに人工の歯を固定するというのだ。人工歯が顎に固定され、取り外す必要がないので、自分の歯と同じような感覚だろう。今まで、隣の歯を削って支えにするブリッジという手法がとられていたが、田端の歯医者で聞いたのですが、インプラントでは隣の歯を削らずに、歯の無い部分の顎に土台のネジを埋めるので、他の健康な歯まで削らなくてよいのもメリットの一つだ。

総入れ歯は、顎が加齢とともに痩せてガタついたり、食べ物がうまくかめなかったりトラブルも多いが、ネジを増やせばすべての歯をインプラントにすることも可能だ。そうなれば、若いころと同じようにどんな食事も楽しめるだろう。

カテゴリー: 歯医者の知識