オルソケラトロジーに副作用やリスクはあるのでしょうか

オルソケラトロジーの副作用として考えらえることは、明るい場所ではハッキリ見えていても、暗い場所では明かりがにじんで見えるという夜間グレアと言う症状があります。また乱視の強い人は、治療を行っていく過程で乱視が強くなることがありますが、これは一時的なもので、1か月程度で落ち着くのが通常です。リスクは殆ど無いと言っていいでしょう。手術のように角膜を削るわけではありませんので、角膜の強度や眼圧の変化も有りません。ただ、レンズの扱い方が不衛生であったり、装着方法が不適切であった場合には角膜炎や角膜上皮障害になる可能性がありますので、医師の指示に従って正しく使用することが大切です。

ねむっている間の治療である為、寝相が治療の効果に影響を与えます。上向きで寝るのが一番適していますが、横向きで寝る方は特殊な寝具を使用したり、レンズのデサインを変更することで対応できます。横浜のオルソケラトロジーであれば実績もとても多い眼科であるので医師としっかり相談して使用していきましょう。

カテゴリー: オルソケラトロジーの知識